« vs.グランパス(J1第21節)~マリッチ初ゴール! | トップページ | コーヒークエスト5 »

「妖怪大戦争」~必見、納涼お化け大会

妖怪大戦争」(8月28日、MOVIX三郷)

夏休み最後の日曜日、お子様引率第三弾ということで、上の子のリクエストにより、「妖怪大戦争」を観てきた。確か朝日の夕刊だったと思うのだが、本作の監督である三池崇史が、映画の撮影状況報告みたいなコラムを書いていたのを読んで、それ以来、かなり気になっていた一本である。

ところで、いつもなら「ネタバレ注意報」を発令するところだが、本作に関しては、ストーリーはともかく、出演俳優及びゲストだけは、事前に知っておいたほうがいい。誰がどんな役で、どんな場面で出てくるか探しながら観るだけでも、かなり楽しめると思う。(もっとも、妖怪はみんなメークがすごいので、ちょっと見ても、まず誰だか分からない。すぐ分かるのは、竹中直人ぐらいっすね・笑)

さて、前置きはともかく、これはかなり楽しめた。何と言っても、監督始め制作スタッフの、「面白い映画にするぞ~」という意気込みが、全編に溢れているのがいい。役者さん達も、みんなマジメに(でも、かなり楽しそうに)、それぞれの役を演じていて、観ていて気持ちがいい。菅原文太がボケかけ老人だなんて、受けた文太さんもエライが、やらせた三池はさらにエライ(笑)

主役の神木隆之介 くんは、「天才子役」として大人気なんだそうだが、確かに巧い。家庭環境が複雑な、ひ弱な都会っ子だった彼が、妖怪達に出会い、そして「誰かを守りたい」という気持ちから、加藤と戦うことを決意するに至る過程を、実にしっかりと演じている。「麒麟送子」の衣装に身を固め、伝説の聖剣を構える姿の、なんと凛々しいことよ!

笑いあり、泣かせどころあり、ちょっぴりお色気ありと、サービス満点で、「なんじゃこりゃ」な決着の付け方も、なんとなく許せてしまう。ちょっぴりビターな余韻のエンディングは、さりげなく続編への期待も抱かせたりして、とにかく盛りだくさんの快(怪)作である。映画館の暗闇の中で見てこその「お化け大会」でもあるからして、気になるアナタは、映画館へGO!(笑)

そうそう、劇中、タダシの担任のミヤベ先生が曰く:

「本を読まないと、ロクでもないオトナになってしまうけんね~」

・・・肝に銘じておきます(拝)

|

« vs.グランパス(J1第21節)~マリッチ初ゴール! | トップページ | コーヒークエスト5 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5699158

この記事へのトラックバック一覧です: 「妖怪大戦争」~必見、納涼お化け大会:

« vs.グランパス(J1第21節)~マリッチ初ゴール! | トップページ | コーヒークエスト5 »