« vs.中国(東アジア選手権) | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:弦楽四重奏曲 »

「ガタカ」~清潔な、あまりに清潔な未来

ガタカ

「ガタカ」(アンドリュー・ニコル監督、録画)

近未来の世界、遺伝子工学の発達により、人類はすべてDNAの段階で差別化されていた。人工授精が当たり前の世界で、「神の手に委ねた」と称される自然出産で生まれた主人公・ヴィンセント(イーサン・ホーク)は、宇宙飛行士になることを夢見つつも、DNA分類により、清掃業務に就くのが精一杯だった。そこで彼は、DNAブローカーを通じて、ジェローム(ジュード・ロウ)という同年代の青年と知り合い、ある計画を実行していく・・・

徹底的に無機質かつクリーンな未来社会では、人々は皆清潔な衣服に身を包み、一様に無表情で、淡々と日々の生活を送っている。個人のDNA情報は、全て中央で管理され、毎日あらゆる場所で、各種の生体認証が行われているという、オーウェル的世界の描き方が秀逸だ。

あまりに「人間らしく」生まれ育ってしまったヴィンセントを、イーサン・ホークが好演。「いまを生きる」でも見せた、自信なさげにおどおどしつつも、心のどこかに、譲れない部分を固く守っているような人物像を、ここでも巧く表現している。彼とパートナー(?)を組むことになるジュード・ロウも、「DNA的に完璧な人物」を、その端正な容姿と、知的な雰囲気で見事に表現している。

核となるストーリーは案外単純で、結末も意外とあっけなく、それほどのサプライズは無いのだが、「完璧な社会」への反逆が、個々人の意志レベルでささやかに表現される終盤の描写が、静かなカタルシスを与える。あまりにも静かな展開は、少々眠気を誘うものではあるが(笑)、タルコフスキーにちょっと通じるようなテイストを持った、なかなかの佳品であった。

劇中、ヴィンセントの清掃業仲間として、アーネスト・ボーグナインが出演している。名脇役らしく、どこかでオイシイ出番があるはず・・・と楽しみにしていたのだが、うぅ(涙)

|

« vs.中国(東アジア選手権) | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:弦楽四重奏曲 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5328126

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガタカ」~清潔な、あまりに清潔な未来:

» ガタカ [しーの映画たわごと]
ガタカ しー 評価 74点 これはおもしろい発想ですね。 近い将来こんな世の中になっているかもしれません。 内容はというと、遺伝子は絶対だ!みたいな話でしょうか。この話の中では優秀な遺伝子を持つ人間とそうでない人間を区別(差別)しています。 今の... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 14:03

» ガタカ(DVD) [ひるめし。]
残酷までに美しい未来・・・愛だけでは君に届かない CAST:イーサン・ホーク/ユマ・サーマン 他 宇宙飛行士の夢を実現させるために他人の遺伝子を借りちゃって、ひょんな事に殺人事件に巻きこまれっちゃった男の話。 夢のために他人になりすますなんてすごいね。これも夢の力なのかしら? あと、一滴の血で識別されちゃう世界ってどうなの?って思ってしまった。 ジュード・ロウが事故で車椅子生活になってしまった水泳選手役で�... [続きを読む]

受信: 2005.10.06 21:14

« vs.中国(東アジア選手権) | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:弦楽四重奏曲 »