« 「妖怪大戦争」~必見、納涼お化け大会 | トップページ | コラ、朝日! »

コーヒークエスト5

先日、柏へ出かけた折りに、珈琲豆が残り少なかったのを思い出して、以前からネットで評判を読んでいた「カフェ・ブロンズ」へ寄ってみた。

このお店、基本的には喫茶店なのだが、店外に、珈琲豆を挽き売りしている旨の看板がかかっている。中へ入ると、こぢんまりと、しかし落ち着いた雰囲気の店内に、数人のお客さんがいた。立ちこめる珈琲の香りが、いかにも自家焙煎の店っぽい。

「いらっしゃいませ」とカウンターを出て近づいてきた女性の店員に、「豆だけ、買えますよね?」と尋ねると、彼女は近くのテーブルからメニューを取って、「こちらです」と僕に渡し、すぐにカウンターの中へ戻ってしまった。

渡されたメニューは、普通の喫茶メニューなのだが、良く見ると、コーヒーの箇所に、ストレート・コーヒーが何種か載っていて、その下に「挽き売り致します。100g500円から」みたいなことが書いてあった。豆の種類は、浅煎りから深煎りまで、順番に並べてあるようだったが、さっきの女性店員は、カウンターに戻ったきり、常連らしき年輩の女性客と談笑したまま、戻ってこない。

お店のお薦めとか聞こうと思っていたのだが、そんな雰囲気でもないので、とりあえず飲み比べ用にと思って、マンデリンを選び、ちょうどレジにいた、男性の店員に注文した。店員は、ささっと豆を量って袋詰めしてから、「1200円です」と言う。つまり、この豆は100g600円ということなのだが、そんな値段、メニューには書いてなかった。(「500円から」とは書いてあったから、間違ってはいないが) 女性の店員は、相変わらずカウンターの女性と話し込んでいる。僕は、なんだかすっかり白けてしまって、代金を払うと、すぐに店を出た。

翌日、豆を挽いて、飲んでみた。かなり深煎りなのはいいとして、苦みばかりが際だってしまい、今まで豆を買ってきた他店の豆のような、「旨味」とか「甘味」がまるで感じられない。恐らくは、僕のこの店に対する偏見のせいだとは思うが、角の立った苦みは、あの時味わった店の雰囲気に、良く似ていた。

もしかしたら、ネットでの評判のように、本当はとても美味しいコーヒーを飲ませる店なのかもしれないが、少なくとも僕があの店に再び行くことは無いと思う。

|

« 「妖怪大戦争」~必見、納涼お化け大会 | トップページ | コラ、朝日! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5715126

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒークエスト5:

« 「妖怪大戦争」~必見、納涼お化け大会 | トップページ | コラ、朝日! »