« 全英オープン2005~ダブルグランドスラム達成 | トップページ | 「星からきた探偵」&「20億の針」 »

vs.サンフレッチェ(J1第17節)

レッズ 2-0 サンフレッチェ(NHK-BS)

今季初の連敗、それもレイソル戦は今季最悪の完敗ということで、この試合でどう切り替えてくるかが注目されたわけだが、なかなかに見事な内容で、2-0の快勝。1シーズン制の長丁場を、いい形で折り返すことができた。

今日の試合、「困ったときの暢久外し」(笑)作戦が大成功。まあ、暢久がいないせいってことはないと思うが、どの選手も良く動き、鋭い出足でセカンドボールを拾い続けていたのが、先ずは最大の勝因だろう。じっとしていても蒸し暑い陽気の中、90分、本当に良く走った。

この試合のMVPには、闘莉王を推す。空回りしがちな気合いが、今日はうまく自分の動きとシンクロしていた。先取点のヘッドもうまかったが、それよりも守備でほとんど破綻がなかったのが大きい。

酒井と内舘のボランチコンビも良かったが、特に酒井の出来は出色。周囲の選手と連動して、相手の攻撃の芽を摘む動きが目立ったし、2点目となった達也へのフィードも、実に的確。第二のMVP候補だと思う。

例によってアレックスの裏が狙われ続けたのに対して、相変わらず無策なのには困ってしまうが、それでも今日のアレックスは、今までになく守備の意識が高かったし、攻撃時も、早く捌ける時は早く・・・という意識が見て取れた。(後半、いつもの「いったん止めて、それから勝負→大抵負けて、カウンターを食らう」になってしまったのが残念) その左サイドを、本職ではなかろう坪井が、持ち前の生真面目さで一所懸命守りきったのも勝因の一つか。

先週、レイソル相手に手も足も出なかったのと同じチームとは、とても思えないほど良い内容。こういうのは、自分が見に行った試合でやってくれよ、って感じである(泣)

*********

新外国人選手として、既にポンテの獲得が決定しているわけだが、ポジション的にはやはりトップ下のようだ。これで右サイドは暢久と平川が、もし平川が追い出されたら、今度は左サイドでアレックスとその平川が、それぞれポジションを争うことになる。トップ下のポンテとて安泰ではなく、長谷部が良ければ当然ポジション争いが発生するだろう。また、フロントは更にFWの補強を明言しているわけで、そうなると達也や永井も、再びポジション争いをせざるを得ない。

選手達には酷な環境だが、これらのポジション争いが、チームとしてより良い結果につながることを期待したい。

|

« 全英オープン2005~ダブルグランドスラム達成 | トップページ | 「星からきた探偵」&「20億の針」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5029218

この記事へのトラックバック一覧です: vs.サンフレッチェ(J1第17節):

« 全英オープン2005~ダブルグランドスラム達成 | トップページ | 「星からきた探偵」&「20億の針」 »