« エメ移籍に思う | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:オラトリオ「森の歌」 »

vs.レイソル(J1第16節)

レッズ 0-3 レイソル(国立競技場にて観戦)

アウェーではあるが、ひさしぶりの国立観戦。前節痛い星を落としているし、何よりエメ騒動があったこともあって、なんとしてもここは勝っておかないといけない試合・・・

・・・だったのだが、ま、こういう試合ほど弱いのは、もはやレッズの伝統とさえ言えるかも知れない。出足で負け、一対一で負け、スピードとポジショニングで負けては、勝てるわけがない。0-3で済んで御の字といったところだ。

レッズが余りに悪すぎたのと同時に、レイソルも恐らくは今季のベストパフォーマンスなのではなかったか。特に明神を中心とした中盤が素晴らしく、攻守にわたってレッズを圧倒していた。こういう試合ができるのなら、もっと上の順位にいておかしくない。

今日のレッズ、どの選手もそれぞれに悪かったが、それ以上に敗因は監督・コーチにあるのではないか。早野の指示が、「ボールの出しどころとしての長谷部を抑えろ」と「三都主のウラを狙え」の二点で、それが忠実に実行されたのに対して、ギドの指示はどうだったのだろう? レイソルをナメていたとは思いたくないが、それにしても、あまりに策が無さ過ぎたのではないか。

選手交代にしても、暢久に代えて酒井を入れ、長谷部をトップ下というのはいいとして、永井に代えて岡野というのは、やや疑問。更に、達也に代えて西谷となると、何を狙っていたのか、まるで伝わってこない。西谷を入れるのであれば、アレックスと代えるべきだし、アレックスを残すのであれば、永井も残すか、あるいは堀之内でも入れて、闘莉王を前線に上げてパワープレーを挑むか、どちらかだろう。

結局のところ、監督・コーチから選手に至るまで、すべてがちぐはぐだっと言うことに尽きる。あまりに不甲斐ない負け方だった故に、試合終了後は、ブーイングする気力すら起こらなかった。

ブーイングと言えば、試合後に挨拶に来たイレブンに、サポーターは当然のごとく大ブーイング。しかし、この試合に関しては、ブーイングにすら値しないような気がする。むしろここは、沈黙で応えるべきだったように思う。

長いシーズン、こんな試合も一つや二つ、あるだろう。最低のゲームをやらかしたことは、選手達が一番良く分かっているはずだ。ここからまた、少しずつ積み上げて行けばいい・・・負け惜しみとは思いつつ、そう自分に言い聞かせながら、笑顔はじけるレイソルサポーター達と同じ電車で、帰宅したのであった。

|

« エメ移籍に思う | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:オラトリオ「森の歌」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4961016

この記事へのトラックバック一覧です: vs.レイソル(J1第16節):

« エメ移籍に思う | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:オラトリオ「森の歌」 »