« ショスタコーヴィチを聴く:ヴァイオリン、ヴィオラ | トップページ | 地震とか、台風とか、いろいろ »

vs.エスパルス(第18節)

レッズ 1-0 エスパルス(NHK-BS)

鬼門・日本平での試合でこそなかったが、エスパルスにはどうも相性の良くないレッズ。今日の試合も、かなり苦労はさせられたが、なんとか勝ち点3を得ることができた。

エスパルスに限ったことではないが、やはりどのチームも、「レッズ対策」を良く練ってきている。球の出しどころの長谷部にプレッシャーをかけ、前線でボールを受ける達也や永井の前でカットする。そこからの反撃でも、中盤でボールを奪われるのを嫌ってか、両サイドの裏へロングボールというやり方。その相手両サイドが、かなり深いところまでボールを持ち込んでくるので、クロスがうまく上がらなくても、CKが得られるという寸法だ。

これはどうもセットプレーから失点するパターンかなぁ・・・と思いながら見ていたのだが、案の定、前半早々にはショートコーナーからのクロスに合わされたヘディングが、クロスバーに助けられたりするシーンがあった。それ以外でも、CKやFKはひやひやものだったのだが、どの選手も集中して良く守りきった。特に試合終盤の、沢登の技ありFKの場面、逆をつかれながらも、都築が見事に反応して、左手一本で防いだのには感動。今日も神だったよ>都築

高い守備意識で臨んできたエスパルスに対し、前半は有効な手が打てなかったレッズだが、後半に入ってからは、かなりスムーズにボールと人が動くようになる。テレビだと断片的にしか分からなかったが、どうやら前の三人が、それぞれバランスを保ちながらも、左右に流れることでスペースを作り出していたように感じた。

で、後半10分、左に流れた達也が、相手DFをかわして上げたクロスに、闘莉王が動きながらもきれいに合わせてゴール。闘莉王、広島戦に続いて、とにかくノっている。

代表初選出で注目された達也は、残念ながら無得点、一アシスト。いくつかあったチャンスの内、一つはモノにするようでないと、代表で使ってもらうのは難しそうだ。それより、レッズのFWとして、もう少し決定力を上げてもらわないと困る。ただ、トラップがかなり上手くなっているのは、今後への期待要素だろう。

平川の負傷で、前半早い時間にスクランブル出動した暢久だが、アップが足りなかっただけとは思えない、調子の悪さ。チェ・テウクに走り負けたりしてたが、いい時の暢久では考えられない。どうもベンチスタートというのは、精神面だけの問題ではなく、本当にコンディションが良くないような気がする。

終盤押し込まれてバタバタしたのと、そのせいもあってか、選手交代のタイミングが掴めなかったのは残念だったが、あそこで失点しないでいられたのは大きい。チームとして、地力はついてきているのだなぁ、と素直に思えた。

この試合の結果、順位は暫定ながら3位。ジュビロの試合が残っているので、順位は確定していないが、とりあえず勝ち点29となって、ガンバ(勝ち点35)と6差、首位の鹿島(同39)と10差である。状況は相変わらず厳しいが、とにかくこれからは、勝ち点を一つずつでも積み重ねていくしかない。

|

« ショスタコーヴィチを聴く:ヴァイオリン、ヴィオラ | トップページ | 地震とか、台風とか、いろいろ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5119740

この記事へのトラックバック一覧です: vs.エスパルス(第18節):

» Urawa Reds News(17) vs Shimizu S-Pulse [MASA-NET]
Heuteabend fand ein Fussballspiel (meine Urawa Reds gegen Shimizu S-Pulse) im Shizuoka Stadion Ecopa statt. (Urawa Reds 1-0 Shimizu S-Pulse) In erster Haelfte griff Die S-Pulse vielmals an, aber die Reds konnte sich gluecklicherweise gut anstrengten... [続きを読む]

受信: 2005.07.24 03:05

« ショスタコーヴィチを聴く:ヴァイオリン、ヴィオラ | トップページ | 地震とか、台風とか、いろいろ »