« 梅雨ゴルフ~女子ゴルフ | トップページ | 「約束の地」 »

vs.アルビレックス(第13節)

レッズ 2-1 アルビレックス(NHK-BSにて観戦)

およそ一ヶ月半の中断後、再び始まったリーグ戦。代表(ユース含む)の試合は、確かに相手も含めてレベルが高いし、あれはあれで燃えるが、やはり「おらがチーム」の試合のほうが気合いが入る。

・・・という観る側の気持ちと通じ合うものがあったのかどうだか、キックオフ早々から、なかなか積極的なレッズ。右サイドに入った平川の、タイミングのいい飛び出しもあって、序盤は完全にレッズペース。これは虐殺ショーの予感・・・とか思ったところで、カウンター一発で先制される。

この試合のアルビレックスは、とにかく人数をかけて、徹底的に守ってきた。引いた相手に攻めあぐむのは、代表でもレッズでも同じ事で、どうにも反撃の糸口がつかめない。それでも、今日のレッズのプレー振りを観ている限り、0-1で終わる試合では無さそうだと思えた。

後半13分、ようやく暢久のミドルで同点。相手DFに当たってコースが変わった、ラッキーなゴールではあったが、ちゃんと枠に行ってたし、とりあえずはナイスゴール。その8分後、長谷部の絶妙のクロスに、達也がうまく合わせて逆転。終盤ちょっとバタついたが、なんとかそのまま逃げ切って勝ち点3。順位も4位に浮上となった。

この試合で良かったのは、まずは長谷部。フィールドが良く見えていたし、球出しのタイミングも工夫があって面白い。これでミドルに磨きがかかれば、新たなキング候補は間違いない。右サイドで先発した平川も、何度もいい突破を見せていた。達也はもちろん、永井も決して悪くなかった。もう少し、周囲とイメージがシンクロするようになれば、必ずブレークできるはずだ。

問題児は、やっぱりアレックスか。代表でもそうだったが、いったん足元にボールを納めてから、改めて次のプレーに移るやり方だと、さすがに怖さ半減である。おまけに、守備面での貢献がほとんど期待できないというのは、これから上位チームと当たる際には、かなりのウィークポイントになってしまいそうだ。それから、闘莉王。いいプレーもあったけれど、独りよがりなプレーも目立った。周囲との連係には、あと数試合必要かも知れない。

圧勝とか完勝というほど圧倒的ではないし、辛勝というほど切羽詰まってもいない今日の勝利だったが、結果として勝ち点3をゲットできたのは大きい。アントラーズの背中はまだまだ見えないが、今はとにかく、一つずつ上を狙うだけだ。

|

« 梅雨ゴルフ~女子ゴルフ | トップページ | 「約束の地」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4817654

この記事へのトラックバック一覧です: vs.アルビレックス(第13節):

« 梅雨ゴルフ~女子ゴルフ | トップページ | 「約束の地」 »