« ショスタコーヴィチを聴く:オラトリオ「森の歌」 | トップページ | マクベインが死んでいる »

先週と今週の豆:コロンビア・スプレモ

いつぞや紹介した、蕎麦屋の隣の自家焙煎珈琲屋「手焙煎珈琲豆 蔵」に、再び行って来た。

お目当ては珈琲豆なんだから、豆だけ買いに行けば良さそうなもんなのだが、蕎麦屋も美味しいので、ついつい行くなら蕎麦も食べついでに・・・となってしまう。結果として、高い珈琲豆になってしまうのが困りものだ(笑)

初めて行った時は、こんなやり方で商売になるのか、他人事ながら少々心配だったのだが、今回行ってみたら、お店の前のテーブルでは、先客が淹れたてらしき一杯を楽しんでいた。ちょっと見せてくれた顧客リストも、かなりの厚さになってきていたし、いいモノをきちんと出す店は、やはりそれなりにやっていけるのだなー、と感心したのだった。

で、肝心の豆だが、今回も店主と相談しつつ、前回買った「ブラジル・サントスNo.2」にやや近い味わいという、「コロンビア・スプレモ」を注文。今回も、心持ち深めに煎ってもらうことにしたりして、注文焙煎の醍醐味って感じである。200gで700円ほど。

お味のほうだが、苦みすっきりといった感じで、軽やかな味わい。おかしな表現だが、「気持ちいい」美味しさであった。

さて、その翌々週、ゴルフ帰りに豊園茶舗にて次の豆の補充。お店の棚を見ていたら、同じ「コロンビア・スプレモ」があったので、飲み比べてみようと思ってそれに決定。こちらは相変わらず安くて、200gでたった315円である。

焙煎は、ここのお店としては中深煎りぐらいらしいが、他の自家焙煎のお店に比べると、若干浅めかも。気持ち的に、あとちょっと苦みとコクが欲しいところだが、それでも香りは素晴らしいし、とにかく飲み口がいい。

どこのお店も、それなりに個性があって、順繰りに巡るだけでも楽しい。これからの季節には、アイスコーヒー専用豆なんてのもあるらしいから、そのうちそちらも試してみたい。

ってわけで、「先週と今週」ってのは、実はちょっとウソ(汗)

|

« ショスタコーヴィチを聴く:オラトリオ「森の歌」 | トップページ | マクベインが死んでいる »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4991325

この記事へのトラックバック一覧です: 先週と今週の豆:コロンビア・スプレモ:

« ショスタコーヴィチを聴く:オラトリオ「森の歌」 | トップページ | マクベインが死んでいる »