« vs.バルセロナ(さいたまシティカップ) | トップページ | vs.メキシコ(コンフェデ杯) »

vs.ベナン(ワールドユース)

日本 1-1 ベナン(フジテレビ)

初戦のオランダ戦を、内容的に完全に圧倒されて落とした日本チームは、この試合ではなんとしても勝ち点が必要となった。

迎えたベナン戦、近年進境著しいアフリカ勢とあって、かなり厳しい戦いが予想されたのだが、そのベナン、確かに身体能力は図抜けていたが、チームとしての練度はイマイチ。プレーに連動性が無く、かなり雑なゲーム内容であった。

これなら日本にも充分勝機あり・・・と思いながら見ていたのだが、先制したのはベナン。後方からビルドアップしかけたところを狙われ、ボールを奪われたところからのカウンターで、最後はアフリカ選手らしい、鋭い切り返しにかわされて失点。

日本チームは、中盤の支配率は互角以上だったし、サイド攻撃(特に家長の左サイド)も有効、さらに平山も高さでは負けていなかったのだが、なかなかフィニッシュの形が作れないまま、試合は後半へ。

その後半20分過ぎ、ゴール正面で得たFKを、水野が鮮やかに決めて同点。ここからオランダ戦のような猛攻が期待されたのだが、相手選手の退場という追い風も生かせず、不完全燃焼のまま引き分けとなった。

この試合での日本は、どうにも腰が引け気味だったように見えた。バックラインが押し上げきれないせいか、攻撃がFWのみでの勝負となってしまい、単調で厚みが無い。セットプレーは確かに日本の武器かもしれないが、それしか頼れないというのでは、やはり苦しい。勝ちに行くのであれば、どこかでリスクをしょって、人数をかけて分厚く攻めるしかあるまい。

決して勝てない相手では無かったと思われるので、ここでの勝ち点1は実に惜しい。次のオーストラリア戦、グループ3位以上キープを狙って、「負けない」ことを目標にするのか、あるいは「勝つ」ことを目標にするのか。試合への入り方が、ポイントになりそうだ。

|

« vs.バルセロナ(さいたまシティカップ) | トップページ | vs.メキシコ(コンフェデ杯) »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4587670

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ベナン(ワールドユース):

« vs.バルセロナ(さいたまシティカップ) | トップページ | vs.メキシコ(コンフェデ杯) »