« vs.オーストラリア(ワールドユース) | トップページ | 君はU13を見たか~アンファン・テリブル »

vs.ギリシャ(コンフェデ杯)

日本 1-0 ギリシャ(TBS)

メキシコ相手に苦もなく捻られた格好の日本が、ギリシャ相手にどんな戦い方をするかと思っていたのだが、なんと3バックを捨てて4バックに、1トップから2トップに、それぞれフォーメーションを変えてきた。確かに、中田ヒデ、俊輔、小笠原の中盤3人を不動としたら、オプションはFWのDFの枚数変更しかあり得ない。が、それにしても4バックとは、かなり攻撃的な布陣である。

さらに驚いたのは試合が始まってからで、中田が前に出るのはいつものこととしても、福西までもが前線に顔を出している。おまけに、両サイド、特に加地の右サイドは、思い切り高い位置でプレーしており、日本の攻撃時間帯では、テレビの画面では、青と白のユニフォームが、常にほぼ同数だったような気がする。いったい誰が、中盤の守備をしてたんだろう?(笑)

今大会での進化が著しい加地はともかく、この試合ではアレックスまでもがどんどん上がる。いつ裏を取られるかと冷や汗ものだったのだが、ギリシャがとにかく中盤省略のロングボール放り込みに終始してくれたおかげで、大したピンチも招かずに済んだ。

両チームとも、この試合に勝てば、決勝トーナメント進出の可能性が残るにもかかわらず、何故かギリシャは、モチベーションが低く、さらにコンディションも低調。いくら高さが武器とはいえ、クロスはおろか、FKやCKの精度も低くては、怖さは半減以下である。

とまあ、明らかに調子を落としているギリシャ相手ではあったものの、日本チームのパスワークは素晴らしく、90分を通して、ほぼ完全に中盤を制圧していた。ゲームコントロールという点に於いては、この試合は、ジーコ・ジャパンにおけるベストゲームと呼んで差し支えないと思う。

大黒のゴールは確かに値千金だったが、少なくとも前半に1点取っておけば、もっと楽に、大量点を狙う試合運びができたような気もするが、まあ、贅沢は言うまい。(とはいえ、この得失点差により、次戦のブラジルは、引き分け以上で予選通過となった。日本は勝たないと、予選が突破できない。そう考えると、やっぱり3点目ぐらいまでは狙わなくちゃいけなかったのか)

この試合で、何が証明できたか。恐らく、アジアのトップレベル(日本のことです、いちおう)というのが、欧州のセカンダリー・クラスのレベルだということであろう。であるならば、ビッグネームと対戦しても、10回に1回ぐらいは勝てるようになってるかもしれない←謙虚

次のブラジル戦、「負けなければいい」と「勝たなくてはいけない」では、モチベーションというか、気持ちの余裕においてかなり開きがあるような気もするが、とりあえず本気モードの高いブラジルと試合できるなんて、滅多にないチャンスである。どんな試合になるか、かなり楽しみだ。

|

« vs.オーストラリア(ワールドユース) | トップページ | 君はU13を見たか~アンファン・テリブル »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4642661

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ギリシャ(コンフェデ杯):

» The FIFA Confederations Cup Germany 2005 ~ Greece vs. Japan [擬藤岡屋日記]
Greece 0 vs. 1 Japan 相手は昨年のヨーロッパ・チャンピオンとはいえ、予選では勝てる可能性が最も高いと思われたギリシア戦。2トップ4バックのジャパンはメキシコ戦のときとは打って変わって良く動くことが出来たし、パスも良く繋... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 01:45

» 加地になにかが起きている [CLASSICA - What's New!]
●いかん、ここ、毎日サッカーの話ばっかだ(笑)。音楽の話もしなきゃ。「新CMがまもなくオンエア! 次はマツケンマンボだ!!」ということで松平健が海賊姿で華麗なマンボを踊ってくれるそうである。だったら正月にはシュトラウス・ファミリーの音楽にあわせて、マツケンワルツやマツケンポルカを踊ってほしいものである(←ほしくない。ていうか音楽の話じゃないし)。...... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 11:21

« vs.オーストラリア(ワールドユース) | トップページ | 君はU13を見たか~アンファン・テリブル »