« vs.モロッコ(ワールドユース) | トップページ | 「トップ営業マンのメモ術・手帳術」 »

vs.ブラジル(コンフェデ杯)~寝不足の日々の終わり(たぶん)

日本 2-2 ブラジル(フジ、録画)

前日のワールドユース、モロッコ戦に引き続き、早起きしての追っかけ再生観戦。寝ぼけ眼で見始めたのだが、加地のシュートで眠気が吹き飛ぶ。残念ながらオフサイドの判定だったが、あれをオフサイドとは、無粋な線審である。

眠気の覚めた目で良く見てみると、ロナウジーニョも、カカも、アドリアーノもいるではないか。これはつまり、「ホントは主力休ませたいんだけど、ジーコさんの顔潰しちゃ悪いし、とりあえず出しとくかなー。1点取って、後は流しとけばいいし」ってことか。

で、そのブラジルだが、うーん、やっぱ巧いなー。とにかくプレーのスピードが超絶的である。短い距離のダッシュなんか、ほとんど瞬間移動状態。守備でもそのスピードが生きていて、日本選手のトラップがちょっとでも大きいと、あっという間にボールを奪われてしまう。中盤のプレッシャーがどうとか、そういうのとは次元が違う感じだ。

などと感心しているうちに、あっさり失点。その後も、へらへら~とボールを回され、80分を残して流されるかと思ったのだが、なんとそこから日本チームが大反撃。とうとう俊輔のビューティフル・ミドルが決まって同点。もうね、この瞬間は目頭が熱くなったっすよ。

が、ブラジルも直後に追加点。ゴール前に突っ込んでくるロナウジーニョのスピード、あれは100m走に換算したら、恐らく4.5秒ぐらいで走りきっているに違いない。

でもって、またまたへろへろ~とボールを回され、前半終了。

後半、玉田に代えて大黒投入。さらに小笠原に代えて中田浩二を入れ、3バックに変更(たぶん)。確かに前半、CB二人じゃあまりに最終ラインが心細かったし、アレックスは守備ではまるで役に立たなかった(2点目のシーン)から、これは正解だったと思う。

後半も華麗に攻めるブラジルだが、丁寧すぎたんだか、あるいは礼節を重んじたのか知らないが、追加点は奪えず。日本もやや手詰まり感が漂っていたのだが、ゴール正面でFKゲット。俊輔のキックはポストに弾かれたが、これを大黒がしっかり押し込み同点。思わずテレビの前で、立ち上がってガッツポーズしちまったぜ。

が、しかし、そこから残り5分弱では、さすがに逆転はならずホイッスル。この試合の日本チームの使命は、「勝って決勝トーナメント進出」だったから、残念ながらミッションインコンプリート。つまりは「負け」である。

試合後のブラジルだが、「1点差で勝てばいいやと思ってたけど、同点はヤバかったなー。でもまあ、ジーコさんの顔も立ったし、良かったんじゃね?」って感じだろうか←邪推  ほんのちょっとでいいから、日本がリードしていて、ブラジルが必死に点を取りにくる状態ってのを見たかったが、まあ、同点から試合終了まで、明らかにブラジル選手の顔つきが真剣になったのを見られただけでも、収穫だと思うべきか。

集中開催での国際大会では、明らかに一試合ずつ強くなっていくジーコ・ジャパンではあるが、代表チームがそういうことで、いいんだか悪いんだか。どうやらこのまま、ジーコと一緒にドイツに行くことになりそうだから、せめて明らかにパフォーマンスの低い選手を見切ることぐらいはやってくれ。特にあの左(以下自粛)

|

« vs.モロッコ(ワールドユース) | トップページ | 「トップ営業マンのメモ術・手帳術」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4681529

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ブラジル(コンフェデ杯)~寝不足の日々の終わり(たぶん):

» 加地。ニッポンvsブラジル@コンフェデレーション・カップ2005 [CLASSICA - What's New!]
●午前3時45分キックオフの試合って、みなさんどうやって見てらっしゃったんでしょうか。ワタシゃ以前なら当然生放送観てたと思うけど、最近朝型シフト狙ってるので、完全情報シャットアウトしてビデオ観戦。しかし来年のドイツ大会じゃ毎日この時間にキックオフなわけで、コンフェデレーション・カップとは運営委員会だけではなく世界のフットボールファンにとっても、まさしくワールドカップの予行演習なのであった。 ●で、ブラジル戦、やっぱり加地の覚醒は本物だと思った。あの開始早々の幻の先制ゴールを見よ。これまで入りそうにな... [続きを読む]

受信: 2005.06.24 01:54

» The FIFA Confederations Cup Germany 2005 ~ Brazil vs. Japan [擬藤岡屋日記]
Brazil 2 vs. 2 Japan 試合結果だけをみると、絵に描いたような予定調和の結末であった。ジャパンにとっては「王者ブラジルに対し大健闘、惜しい引き分け!」、ブラジルにとっては「格下相手に手こずるものの、準決勝へ進出」と、実質... [続きを読む]

受信: 2005.06.24 13:14

« vs.モロッコ(ワールドユース) | トップページ | 「トップ営業マンのメモ術・手帳術」 »