« vs.バーレーン | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:交響曲10~13番 »

仙台出張、あるいは杜の都の高級珈琲店

仙台へ出張に行ってきた。

仕事での仙台行きは、ここ3年で4回目ぐらいだろうか。かつてはすごく遠い街というイメージがあったのだが、なんのことはない、新幹線の便を選べば、都内から一時間半足らずで到着してしまう。

今回も、午前中に事務所を出て、仙台駅に到着したのが12時過ぎ。今回の訪問先付近で、とりあえず牛タン定食を食べたのだが、期待が大きすぎたか、やや物足りなかった。もっとも、例の米国産牛禁輸に伴い、牛タンの市場価格は依然高騰中だそうだから、価格と質を従来通りに維持するのは、やはり難しいのだろう。

さて、訪問先での用件も淡々と終わり、思いの外早く帰れることになってしまったので、ちょっと寄り道していくことにした。

訪問先が入居しているのが、仙台一の高層ビル「AER」(アエル)なのだが、このビルを外から見たら、「ホシヤマ珈琲店」という大きな垂れ幕が下がっているのを見かけていた。ただの喫茶店が、こんなにデカイ広告を出すとも思えないので、なにかネタになりそうな気配を感じて、寄ってみた。

まず、入り口にメニュー表及び価格を知らせる表示が無い。これはかなり強気な店か・・・と思いつつ、足を踏み入れると、高級ホテルのサービスパースンのような制服を着た女性が、深々とお辞儀をしつつ迎えてくれた。広々とした店内はやたらと天井が高く、カウンターの背中には、壁一面に高級そうなカップが、整然と並べられている。渡されたメニューを見ると、案の定、コーヒー一杯がどれも1,000円オーバー。(参考まで、同店のメニュー表はこちら

とりあえず基本らしきロイヤルブレンドを注文。カウンターの中では、ビシッとスーツを着込んだ男性店員が、無駄の無い手さばきで、丁寧にドリップ作業をしている。ほどなく出されたコーヒーは、やや深煎りで、しっかりと苦みがあるものの、後味がまろやかで、確かに美味しかった。店内中央に飾られた、巨大な生花を愛でつつ、じっくりと至高の一杯を味わったのであった。

高級店ではあるが、店内はほどほどの賑わいよう。同じフロアにはスターバックスもあるのだが、こちらを選択するお客さんもいるということか。次回仙台へ行くことがあれば、また寄ってみたいものだ。

*********

仙台駅で自分用に笹蒲鉾を買った。新幹線内で、ビールでも飲みながら食べたい誘惑にかられたが、余裕で事務所に戻れる時間だったので、我慢した。出張先が近過ぎるのも、考えものである。

*********

記事を書いてから気になって、ココログルで「ホシヤマ珈琲店」を検索してみたところ、「単身赴任 杜の都STYLE」さんのところで、同店関連記事と共に、コメント欄が賑わっているのを発見したので、ご紹介。

|

« vs.バーレーン | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:交響曲10~13番 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。仙台在住のレッズ好きedwardと申します。

ホシヤマ珈琲店は地元でも結構有名な喫茶店です。
僕はまだ入ったことがないんですが、友人も一杯1000円のコーヒーはおいしかったと言ってます。
味音痴な僕には違いが分かるのかなと思いつつ、機会があったら行って見たいと思ってます。

はるばる仙台までお越し頂きおつかれさまでした。

投稿: edward | 2005.06.07 20:31

>edwardさん、コメントどうもです。
おお、仙台のレッズサポさんですか! 「ホシヤマ珈琲店」、やはり仙台では有名店だったのですね。コーヒーはとっても美味しかったですよ。もっとも、それが1,000円相当かどうかは微妙ですが(笑) まあ、あの贅沢な雰囲気を楽しむ店なんでしょうね。また出張の機会があれば、寄ってみたいと思ってます。

投稿: yuji | 2005.06.07 23:33

こんにちわ。

私も年間10~15回ほど仙台出張しますが、いつも利休で牛タンを食します。
が、以前のほうが美味しかったと思うのは気のせいでしょうか。
AERの中にそんなコーヒ屋さんがあるのですね?今度是非味わってみたいと思います。

投稿: ちゃまのすけ | 2005.06.08 01:56

こんにちは。
うちのブログ紹介いただきありがとうございました。「ホシヤマ珈琲店」は、東京ではあまり見かけないタイプの店ですね。
また、牛タンは原価が急騰しているため、店によっては明らかに質が落ちたり、値段が上がっていますね。

投稿: 自由なランナー | 2005.06.08 12:55

>ちゃまのすけさん、コメントありがとう
そうそう、利休でした、僕が昼食をとった牛タン屋さん。味はやっぱりもう一つ!って感じでしたね。「ホシヤマ珈琲店」は、話のタネというか、ゴージャスな雰囲気を味わうという意味では、とてもいいお店だと思いますよ。

投稿: yuji | 2005.06.10 00:47

>自由なランナーさん、コメント&トラックバックありがとう。
そうですか、やっぱり牛タン事情は厳しいんですね。あと、「ホシヤマ珈琲店」的なお店は、東京だとやっぱり高級ホテルのラウンジとかになっちゃうんじゃないでしょうかね。高いということなら、銀座の「壹眞珈琲店」がやはり1,000円コーヒーをマイセンの磁器で供してくれます。

投稿: yuji | 2005.06.10 00:53

ここですか?

投稿: ハッピー | 2005.10.30 16:45

>ハッピーさん

おお、いつの間にかこんなサイトがオープンしていたんですね。情報ありがとうございます。
あれ以来、仙台への出張がないのが残念です。

投稿: yuji | 2005.11.04 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4446098

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台出張、あるいは杜の都の高級珈琲店:

» 至高の一杯、ホシヤマ珈琲店 [単身赴任 杜の都STYLE]
前に「談話室滝沢」の閉店のことをかいたときに、とある方から仙台にある「ホシヤマ珈 [続きを読む]

受信: 2005.06.08 12:57

« vs.バーレーン | トップページ | ショスタコーヴィチを聴く:交響曲10~13番 »