« 「サイダーハウス・ルール」 | トップページ | vs.ジェフ »

今週の豆:ベトナム

連休前のことだが、ベトナム旅行へ行ったという知人から、お土産にリクエストしていた珈琲豆を戴いた。

最近知ったのだが、ベトナムはブラジルに次ぐ、コーヒー豆の輸出国なんだそうだ。とはいえ、作付けされているコーヒーの80%以上が、比較的安価なロブスタ種ということで、特に日本向けに輸出される豆のほとんどは、缶コーヒーなどの、コーヒー飲料に用いられるらしい。

お土産のこの珈琲豆、サイゴン(ホーチミン)郊外の、チョロンという地区にあるビンタン市場近辺で購入したとのこと。一応、お茶と珈琲の専門店らしき店だったという。

ストレートなのかブレンドなのか、見かけだけでは、見当がつかない。焙煎具合は、中深煎りといったところ。ただ、豆毎に焼きムラがある感じ。また、形が悪かったり割れてたりする豆も入っていたのだが、自家焙煎のお店というわけではなかったようだし、そもそもお土産にケチをつけてはいけない。

お味のほうだが、苦みが抑えめで、酸味もそれほど感じず、比較的あっさりした感じ。これといって特徴も無いかわりに、クセも無いので、とても飲みやすい。コーヒーそのものを味わうよりは、食事やお菓子と一緒に、ゴクゴクと飲むのが似合うかも。あるいは、ミルクや砂糖を足して、自分なりの味に仕立てるのにもいい。なるほど、コーヒー飲料に加工しやすいわけだ。

ところで、ベトナムコーヒーといえば、アルミのドリッパーである。我が家にも一つあったはずなので、探し出してそれで淹れてみたい。

|

« 「サイダーハウス・ルール」 | トップページ | vs.ジェフ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4016160

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の豆:ベトナム:

« 「サイダーハウス・ルール」 | トップページ | vs.ジェフ »