« ショスタコーヴィチを聴く:交響曲6~9番 | トップページ | 今週の豆:ケニアAAキブブティー »

「レディ・キラーズ」

レディ・キラーズ

レンタルDVDで「レディ・キラーズ」を観た。

実はこれ、家内が借りてきたので、作品に関する予備知識はほとんどゼロ。コーエン兄弟の作品だということも、オープニングで初めて知ったのだが、結果としてはそれで正解だったようだ。

(以下、ネタバレはしないけれど、これから観る方は、できるだけ予備知識が少ないほうが楽しめると思うので、その旨だけご留意を)


アメリカ南部のある町に住む、信心深い未亡人の家に、大学教授を名乗る紳士(トム・ハンクス)が訪れ、そこに下宿させて欲しいと言う。その家には地下室があり、そこを借りて、音楽仲間と古楽器アンサンブルの練習もしたいとのこと。しかしその紳士と彼の仲間は、ある犯罪計画を企んでいたのだった・・・

とまあ、こんな感じで物語が始まるのだが、とにかく徹頭徹尾人を食ったハナシである。トム・ハンクスが企む悪事も、周到なようでかなり杜撰だし、その割にはとんとん拍子で進展するし、なんかもう、やたら適当。コメディかと思って観ていると、終盤ではかなりシリアスというかブラックな展開になってくるし、オチの付け方も、「えぇ? それでいいのかぁ?」って感じである。まあ、おバカなブラックコメディだと思って観るのが正解だろう。

主演のトム・ハンクスは、相変わらず大まじめ。悪事の首謀者を、大げさにけれん味たっぷりに演じていて、かなり気持ちよさそうだが、きっと内心は「あ~、バカな映画に出ちまった(泣)」とか思っていたに違いない(笑) 彼の役者魂に星一つプラスしたい気分だ。(コーエン兄弟としては、主役にピーター・セラーズをイメージしたのかな、とちょっと思った)

小ネタというか、「くすぐり」っぽい仕掛けが随所にあるので、意地悪く突っ込みながら、ニヤニヤとsickな雰囲気を楽しむ映画ってことで。でも、珍品(笑)

|

« ショスタコーヴィチを聴く:交響曲6~9番 | トップページ | 今週の豆:ケニアAAキブブティー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/4294613

この記事へのトラックバック一覧です: 「レディ・キラーズ」:

» 映画『レディ・キラーズ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Ladykillers   -1セントの完全犯罪- 教授(トム・ハンクス)とその仲間が、地下金庫室のカジノの売上金を奪うブラックコメディだ。将軍(チー・マ)もいい味を出している。金庫破りは意外とあっさり終わってしまうが実はここからが大変、あれよあれよという... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 01:38

« ショスタコーヴィチを聴く:交響曲6~9番 | トップページ | 今週の豆:ケニアAAキブブティー »