« ショスタコーヴィチ月間 | トップページ | 三鷹でケーキ »

vs.エスパルス

レッズ 1-1 エスパルス(駒場スタジアムにて観戦)

吐く息が白く、4月とは思えない底冷えのするナイトゲーム。僕自身は今季初参戦であったが、またしても初勝利はお預けとなってしまった。

前の試合でトップ下に置いた長谷部が、残念ながらあまり機能しなかったこともあってか、今日は啓太と長谷部のダブルボランチ。DFラインは左からネネ、坪井、堀之内。左サイドはアレックス、右サイドには怪我から復帰の暢久が入り、FWはエメの1トップに、達也と永井の2シャドーという布陣。

試合内容は決して悪くなかったのだが、とにかく点が入らない。このところ毎試合そうなのだが、前半の攻勢の時間帯に先制していれば・・・という展開。攻めあぐねているうちに、オフサイド崩れ(?)のような形で、逆に先制されてしまった。

その後も攻め続けたレッズだが、前半終了間際、右サイドを強引に突破したエメからの見事な折り返しを、長谷部がきれいに決めて同点。久しぶりにいい形での得点だった。

後半もレッズの攻勢が続いたのだが、決定的な場面を決められず、結局引き分け。相手GK(西部)をかわしたシュートが、DFに阻まれたことも2回ほどあったろうか。エスパルスの守備も確かに集中していたが、レッズにツキが無かったのも確かだ。

それにしても、いったい何が悪いのだろう? 強いて問題点を挙げるなら、先ずはやはり決定力不足。前半、エメがゴール正面でほとんどフリーで撃ったシュートが、クロスバーを越えた場面などは典型だろう。どんなシュートでも、枠に飛ばないことには、話にならない。

坪井のCBというのも、今の彼にはちょっと荷が重いかもしれない。特に後半はラインコントロールができずに、ずるずるとラインを下げてしまう時間帯があった。都築との連係ももう一つという感じだ。

攻撃陣も、個々の動きはそれほど悪くないのだが、とにかく動きが連動しない。ボールを受けてから、次のアクションまでに余計な一呼吸があるため、どうしても相手DFを崩しきれない。

全般的に振り返ると、やはり開幕以来、固定メンバーで戦っていないというのが、一番の問題ではなかろうか。要するに、練習不足なのだ。(練習量が不足かどうかではなく、固定メンバーでの、最低限の決め事の浸透、という意味で)

今のレッズは、シンプルにできることを難しくしてしまっていないか。ここは我慢して、できるだけメンバーを固定し、シンプルな戦術で戦うべきだと思うが、どうか。

*********

試合終了後、挨拶に行った選手達に盛大なブーイング。気持ちは分かるが、ここはサポーターも我慢のしどころだろう。拍手しろとは言わないが、ここでブーイングを浴びせてはいけない。

|

« ショスタコーヴィチ月間 | トップページ | 三鷹でケーキ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

レッズファンは熱狂的なかたが多いですからね。でもこの前のレイソルのファンみたいなことがなければいいのですが・・・
そういえば、「本の雑誌」Webの炎の営業日誌の筆者さんのレッズファン度もなかなかだと思います・・・

投稿: 濫読ひで | 2005.04.26 00:14

コメントありがとうございます。
まあ、レッズファンは、過去にずいぶんと痛い思いをしてますから、今さらトラブルを起こすような輩はいないと信じてますけどねぇ。レッズファンの著名人(?)ってのは、結構多いようですね(芸能人を除く・笑)

投稿: yuji | 2005.04.26 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/3691777

この記事へのトラックバック一覧です: vs.エスパルス:

» 第5節 vsヴィッセル神戸 [blog de HELLO LOVERS]
at 神戸ユニバー 中継がなかったのでJ's GOALや某大型掲示板の実況で試合 [続きを読む]

受信: 2005.04.14 09:33

« ショスタコーヴィチ月間 | トップページ | 三鷹でケーキ »