« 「ラスト・ドリーム」 | トップページ | vs.ガンバ »

MP3プレーヤーを買った

muvo1近頃話題のMP3プレーヤーを買った。

あれこれ迷ったのだが、結局Creative MuVo MICRO N200 512MB ホワイトモデル CMVN200512-WTというのに決定。Amazonで13,800円のところ、2,000円分のギフト券が還元されるということなので、実質11,800円となった。(13,800円なのは、どうやら白だけらしい。他の色は14,800円)

ちょっと前に、iPod Shuffleが気になるなぁ・・・といった内容の記事を書いたばかりなのだが、クラシックをメインで聴くとなると、シャッフル再生はそれほどポイント高くないし、それよりやっぱ表示部があったほうがいいよね、ってことで、この機種に決めたのだった。

実物を見てみると、思っていたより更に小さいのにびっくり。マッチ箱ぐらいというか、ジッポのライターをもう一回り小さくしたぐらいである。重さも、単4電池を入れても、50g弱ぐらいだろうか。気を付けてないと、すぐになくしてしまいそうだ。

操作は簡単で、添付CD-ROMでドライバをインストールしてから、USBコードでPCにつなげてやれば、マニュアル無しでも、直感的に操作できる。ファイルの転送ソフトも専用のがあるのだが、エクスプローラでドラッグ&ドロップしても、簡単に転送できてしまう。

音質も、まずまず合格点だろうか。もっとも、付属のイヤホンだと、音自体は膨らみがあって良く鳴るけれど、もったりした音という感じで、音質的には厳しいものがある。MDで使っていた愛用のATH-EQ88で聴いてみると、音がクリアになり、各楽器の分離も良くなる。コダーイ「無伴奏チェロソナタ」で聴き比べてみたら、冒頭部のヨーヨー・マの息づかい(ブレス)が、付属イヤホンだとほとんど聞こえないのに対して、ATH-EQ88だと、きれいに聞き取れる。少しでもいい音で聴こうと思うなら、イヤホンは自分の気に入ったものに代えたほうが良さそうだ。

圧縮フォーマットはMP3でもWMAでもいいのだが、仮にWMAの128kbpsだとすると、容量512MBの場合、およそCD12~15枚分ぐらいは記録できるだろうか。使い勝手から考えると、このぐらいがちょうど良さそうである。

バッテリーは上に書いた通り単4電池なので、鞄に一本予備を入れておけば、バッテリー切れを心配する必要もない。移動のお供に使う分には、単4一本で一週間以上保ちそうな感じだ。

僕もこれを買うときの参考にしたのだが、価格.comでの情報によると、品質の個体差がかなりあるようで、初期不良も結構あるらしい。ほとんどがファームウェアのアップデートで解決できそうなので、問題無いとは思うけれど、心配な方は、店頭で購入したほうがベターかも。

MP3プレーヤー市場は、まさにこれからが旬という感じだから、大容量化と低価格化が、きっと同時進行するのだろうと思う。買い時が難しいところだが、とりあえず予算の許す範囲で買ってみるのが正解では。あ、投資(?)は自己責任で(笑)

|

« 「ラスト・ドリーム」 | トップページ | vs.ガンバ »

「道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/3621264

この記事へのトラックバック一覧です: MP3プレーヤーを買った:

« 「ラスト・ドリーム」 | トップページ | vs.ガンバ »