« vs.アントラーズ | トップページ | 魔のルータ »

鹿島戦、その後

今さらながらだが、レッズ系のblogは、RED HOT BLOGS IIにまとめられているので、とても便利だ。こういうところに、自分の書いた記事が表示されるというのは、気恥ずかしくもあり、他blogとの余りのレベル差に暗澹としたりもするわけだが、ま、枯れ木も山の賑わいと、自分で勝手に納得している。

で、鹿戦以降のあれこれについて、蛇足をいくつか。

*********

記事に書いた通り、僕はテレビ観戦だった。同じくレッズサポの親父は参戦したのだが、たまたま一緒に昼食を取ったので、現場の様子を聞いてみたところ、アントラーズのサッカーをけなす、けなす(笑) (親父ももちろんレッズサポなので、かなり偏った見方をしているとは思うが、一応かつてはサッカー部員だったりするので、試合を見る目は、まずまずしっかりしていると思っている) 

「あんなのはサッカーじゃない。プロなんだから、勝てば何でもいいってもんじゃないだろう。あれじゃ、アントラーズのサポーターがかわいそうだ」とのことである。かなり見直したぞ、親父(笑)

*********

鹿戦のハイライト、アルパイと鈴木の小競り合いだが、マッチコミッショナーが「鈴木の転倒が大げさという見方を示した」とのこと。なかなかに大人な配慮である。偉いぞ、マッチコミッショナー(笑)

*********

レッズのスポンサーであるカブドットコム証券の、自らもレッズサポを名乗る常務執行役・「る~さ~」こと臼田琢美氏が、彼のblogで鈴木及びアントラーズ批判と取れる記事を書き込んだところ、猛烈な批判にさらされてしまった。

僕はたまたま、件の記事(若干修正された)が書き込まれてすぐ読んだのだが、「おぉ~、スポンサー&サポとはいえ、思い切ったことを言うな~。でも、こういう人、好き♪」とか素直に感心したのだった。しかし、その後はご覧の通り、匿名での非難コメントの嵐である。

彼と同じことを、例えば僕が記事にして書いたとしても、非難のコメントなんかつくわけもない。そういう意味では、著名人が実名でblogを運営するというのは、それなりの覚悟と対策が必要ということになるのだろう。それにしても、安全な場所(完全な匿名)から、あらゆる手段での攻撃を繰り広げる連中というのは、いったいなんなんだろう?

良くわかんないが、頑張れ、る~さ~!

*********

しかし、最も憂鬱なニュースは、身内(?)から起きてしまった。

「レッズ&ピース」が発足

これについて何かを書く気力も起きないのだが、とりあえずここでは強烈な不快感だけ、表明しておく。同趣旨のトラックバックは、上記RED HOT BLOGS II、又は日本活動蹴球倶楽部 by kojyaさんを参照のこと。

*********

大愚を行う者は必ず大義を振りかざし、結果最も弱き者が悲惨を見ることとなる。(飯島和一「黄金旅風」)

|

« vs.アントラーズ | トップページ | 魔のルータ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/3212898

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島戦、その後:

« vs.アントラーズ | トップページ | 魔のルータ »