« 「ホテル・ニューハンプシャー」 | トップページ | 「アビエーター」 »

バーレーン戦雑感

日本 1-0 バーレーン(テレビ朝日にて観戦)

諸般の事情により、やむを得ずテレ朝で観戦。ありがたいことに、解説はセルジオがメイン。松木がいなくて良かった(笑)

前のイラン戦の反省だかなんだか、3バックに戻してのバーレーン戦。やはりこの陣形だと、とりあえず守備は落ち着くが、攻撃にもうひとつ迫力が無い。

お互い慎重な試合の入り方から、前半はチャンスの芽を潰し合う展開。例によって、日本のほうがボールキープ率は高かったようだが、攻撃にスピードが無い。テレビだと良く分からなかったのだが、俊輔や加地、アレックスにボールがわたっても、その次のボール出しに迷うシーンが多かったのは何故だろう。2トップの動きが悪かったといことだろうか。

大して見せ場もなく前半が終わり、選手交代も無いまま後半へ。

後半に入ると、一転して日本のボール回しにスピードが加わり、前への意識が高まったように感じた。ムードが高まったところで、鈴木に代えて玉田。その玉田がファーストタッチ(たぶん)でファールをもらい、そのFKを俊輔が蹴ったところから、オウンゴールが生まれた。

先制した後、追加点を奪いに行くのか、このまま逃げ切るのか、ちょっと迷いがあったようで、打ち合いになりかけたが、バーレーンの焦り気味のプレーにも救われ、そのままゲームセット。

今日の試合、特に後半は、少なくとも内容では相手を上回っていたので、オウンゴールとはいえ、勝ち点3に値するサッカーではあったと思う。とはいえ、自力では無得点だったわけで、得点力不足はかなり深刻だ。

システム変更の良否はともかく、チーム内のコンビネーションは良くなったように見えた。アジアカップの時もそうだったが、基本的に同じメンバーで、厳しい試合を積み重ねていくことで、チームの成熟度を上げようということなのかもしれないが、ワールドカップ本番ならともかく、試合の間が空く今次予選では、これはかなりリスクの高いやり方なのではないか。

それにしても、ジーコ・ジャパンの運の強さは大変なものだ(笑) 試合後の川渕キャプテンの、満面の笑みを見る限り、これでもうジーコ解任は無くなっただろう。後は選手達の頑張りと、ジーコの運の強さに賭けるしかあるまい。

|

« 「ホテル・ニューハンプシャー」 | トップページ | 「アビエーター」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

この1勝でワールドカップへの道が近づいてきましたね。つかぬことをお聞きしますが、この試合で、バーレーンのキックオフで始まり最初にボールに触れた日本人選手は誰でしたか?不覚にも睡魔と闘ったいたため覚えてません。知っていたらぜひ教えて欲しいのですが。

投稿: 矢内雅之 | 2005.06.07 22:30

>矢内雅之さん、コメントどうもです。
うわ、「最初にボールに触れた日本人選手」ですか? すいません、全然覚えてないです。まあ、恐らくは最初からロングボールを放り込んで来たと思われるので、DFの誰かか、あるいは福西あたりかなぁ、と推察されますが、さて。
ところで、コメント戴いたこの記事、実は3月の日本での試合のものなので・・・ コメントの移動ってのはできないみたいなので、このままこちらでお答えしました(汗)

投稿: yuji | 2005.06.07 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/3503080

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン戦雑感:

» 次で王手か? [或る荒川区民のつぶやき]
俊輔からのセットプレイが完全に読まれているぜ! やばいんじゃないか日本・・・ [続きを読む]

受信: 2005.03.31 01:11

» ニッポンvsバーレーン@W杯ドイツ大会最終予選 [CLASSICA - What's New!]
●はー、疲れた。行ってきました埼玉スタジアムまで。試合はご存知のように相手のオウンゴールがあって1-0でかろうじて勝利。最後の最後まで勝利の確信を得られない試合... [続きを読む]

受信: 2005.03.31 02:52

» 「日本快勝!」のテロップに思う [のぶたと南の島生活in福岡]
3−5−2は十分機能していたと思います。バーレーンに攻め込まれる場面も極端に少なく、統率の取れた守備を見れば見るほどイランとの試合を4バックで臨んだ監督の裁量が... [続きを読む]

受信: 2005.03.31 09:36

» 絶対に負けられない戦いとは [つまらないことを真剣に考えた]
わたしたちは今日のサッカーの勝利に酔いました。朝日テレビは絶対に負けられない戦い [続きを読む]

受信: 2005.03.31 09:44

» 手繰り寄せた勝ち点3 [talk to oneself]
1-0。 勝利、しかも相手のオウンゴールによる勝利だ。 転がり込んだ勝利という見 [続きを読む]

受信: 2005.03.31 19:15

» 日本vsバーレーン。 [kiku's]
なんだかなあ、のゲームである。試合終了時点でジーコはガッツポーズしていましたが、それでいいのかよジーコ、のゲーム。彼はまだ、首の皮一枚、つながったままなのだろう... [続きを読む]

受信: 2005.03.31 20:28

« 「ホテル・ニューハンプシャー」 | トップページ | 「アビエーター」 »