« デジカメ購入、その後 | トップページ | バルトークあれこれ »

北朝鮮戦雑感

日本 2-1 北朝鮮(NHK-BSにて観戦)

いやぁ、やっぱ本気度高い試合は燃えるなー。開始早々の先制点、後半に同点にされ、あわや引き分けかと思われた後半ロスタイムに決勝点。うーむ、最終予選初戦からこれじゃ、疲れちゃうな。

で、その北朝鮮、最終予選に残っただけのことはあった。ボールへのアプローチが早く、マイボールになってからは、あまり手数をかけずにパスをつなぎ、やや遠目からでも、鋭いシュートを放ってくる。得点の場面なんか、決して高い位置でボールを奪ったわけでもないのに、ツータッチずつぐらいのタイミングできれいにボールを運んで、シュートのみならず、ゴールまでしてしまった。

とはいえ、同点にしたところで明らかに守りに入ってしまったようで、それまで頑張って抑えてきた日本の両サイドや小笠原を、だんだんと捕まえられなくなってしまっていた。日本が俊輔を入れて、4バックに変更してからは、マーキングも含めてまるで対応できず、防戦一方というあたり、やはりチームとして経験不足の感は否めない。

対する日本代表だが、前の2試合が余りにヌルかったためだかどうだか、ボールキープはできるものの、なかなか前に運べない。先制点となった小笠原のFKは見事だったが、チーム全体があれでかえって「無理せず大事に行こう」という雰囲気になってしまったようだった。

後半に入っての、俊輔投入&4バックへの変更は、結果としては大正解だったが、できれば同点にされる前にやって欲しかった。もっとも、4バックは同点(または0-0)からの、勝ちに行くためのオプションだろうから、あのタイミングが精一杯だろうか。

大黒のシュートだが、背後からのボールを、ノートラップで打った判断は素晴らしい。あそこでトラップしていたら、シュートは打てなかっただろう。高原の回りを、うまく動き回っていたようなので、結構いいコンビかもしれない。

俊輔には大いに感心。キープ力はあるし、球出しのタイミングも緩急自在と、本当に安定してきた。まあ、北朝鮮の足が止まり始めた時間帯からの投入だったので、そのへんは割り引いて考えなくてはいけないのだろうが・・・

なにはともあれ、勝ち点3はゲットできた。ジーコの采配も結果オーライとなったし、大黒も残り10分で投入され、代表初ゴールを挙げた。高原や俊輔も存在感は示せたし、いろんな意味で良い試合となったと思う。何から何まで「結果オーライ」という気もしないでもないが(汗)

|

« デジカメ購入、その後 | トップページ | バルトークあれこれ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2867554

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮戦雑感:

» WC2006 Qualifiers ~ Japan vs. DPRK [擬藤岡屋日記]
Japan 2 : 1 DPRK 試合はやってみないと分からない、特にW杯予選は。結果勝利したのだが、正直こんなキツイ内容の試合は予想していなかった。相手の北... [続きを読む]

受信: 2005.02.10 01:40

» 大黒の腰。 [kiku's]
日本vs北朝鮮。 北朝鮮のGKは普通ならキャッチして抑えるボールをパンチングでクリアすることが多くて、おいおい、と思っていたのですが、案の定それが自分の首... [続きを読む]

受信: 2005.02.10 10:02

« デジカメ購入、その後 | トップページ | バルトークあれこれ »