« 「道草」 | トップページ | 「のだめカンタービレ」 »

「ノッティングヒルの恋人」

nottinghill録り溜めてあった、「ノッティングヒルの恋人」を見た。

ローマの休日」の換骨奪胎か、あるいは逆「プリティ・ウーマン」とでもいうか、とにかくおよそ「ありえない!」ストーリーなんだが、不思議なほど完成度が高い、上質なラブコメディになっているのに感心した。

主演二人の役作りと演技も立派だが、やはりこの映画は、脇役陣が素晴らしい。特にヒュー・グラントの周囲は、とにかく変人だらけ。それも、やたらと「英国的」変人が多くて、映画の舞台をイギリスに設定したのが、見事に成功している。(スパイク、あんた最高だぜ!)

「こんなこと、あるわけねーよな」とかシニカルに突っ込みつつ、最後まで引き込まれて見てしまう、魔法のような一本であった。かなりオススメなので、未見の方は是非どうぞ。

それにしても、ジュリア・ロバーツの口はデカイ(笑)

|

« 「道草」 | トップページ | 「のだめカンタービレ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もこの作品は観ました。
ヒュー・クラントの相棒の人はちょっと風変わりでした~。彼が出てくる度に笑いが止まらなかったかも。
ラブ・コメディ好きの私にとっては印象に残る一本でした。

投稿: Bee | 2005.02.27 20:35

beeさん、コメントありがとう。

いやぁ、観る前はバカにしてたんですが、見始めたらすっかり引き込まれてしまいました。印象深い映画ですよね。 脇役陣もそれぞれ個性的で、楽しめましたー。

投稿: yuji | 2005.02.27 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/3090154

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノッティングヒルの恋人」:

« 「道草」 | トップページ | 「のだめカンタービレ」 »