« バルトーク月間 | トップページ | 「アフターダーク」 »

渡辺克也「インフィニティ」

前の記事で書いた「青ひげ公の城」のCDと一緒に、オーボエの渡辺克也のアルバム「インフィニティ」も買った。

正直に書くと、彼とは個人的な知り合い・・・と言いたいところだが、まあ、ちょっと面識があるという程度である。というわけで、別に彼に頼まれたわけでも何でもないが、宣伝がてら、紹介させてもらおうと思う。(以下、ライナーノーツのプロフィールによる)

渡辺克也(わたなべ・かつや オーボエ)

 1966年生まれ。東京藝術大学卒業。
 89年、Sony Music Foundation 主催第1回国際オーボエコンクールに入賞。大学在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に副首席奏者として入団し、90年の第7回日本管打楽器コンクール・オーボエ部門で優勝するとともに、併せて大賞を受賞。
 91年に渡独。92年よりヴッパータール交響楽団、96年にはカールスルーエ州立歌劇場管弦楽団のそれぞれの首席奏者を務め、97年よりベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団の首席奏者を務めている。同歌劇場の音楽監督、クリスティアン・ティーレマンの絶大な信頼のもとドイツの新聞各紙に「オーケストラビットの中ではコウトの指揮のもと、ワタナベのオーボエがはかり知れない説得力で異彩を放っていた」、「オーケストラの中の希望の光」等と高い評価を得ている。98年の同歌劇場日本公演でも、日本国内各誌紙がこぞって渡辺の名を挙げて絶賛した。
 最近では、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団等にヨーロッパ各地でソリストとして招かれ、大成功を収めている他、定期的にソロイスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルグに参加し、評価を確実に高めている。
 日本においては、2000年8月の東京文化会館、2001年7月の紀尾井ホールでのリサイタルでいずれも大成功を収め、好評を博している。「今世紀を牽引しうる若い才能」(朝日新聞)と、今最も注目の集まる実力派である。

・・・ということだそうだ。ふーん、そんなに大変な男だったのか(笑)

でまあ、そんなことはともかく、少なくとも彼の音色の美しさに関しては、僕の素人耳でも充分保証できる。生で聴くと、ほんとに耳が落っこちそうになる。

この「インフィニティ」では、耳なじみのある曲ばかりが集めてあるので、純なクラヲタからは、もしかしたら敬遠されるかもしれないが、いわゆるヒーリング効果は抜群なので、興味のある方は、是非聴いてみて欲しい。

|

« バルトーク月間 | トップページ | 「アフターダーク」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2556626

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺克也「インフィニティ」:

» 渡辺克也 オーボエ協奏曲の夕べ テレマン/ヴィヴァルディ/ヘンデル [えすどぅあ]
ベルリン・ドイツ・オペラ管の首席オーボエ奏者として活躍している渡辺克也はここ数年気になっていた存在。やっとこさ日程が合ったので、彼の... [続きを読む]

受信: 2005.08.21 01:57

« バルトーク月間 | トップページ | 「アフターダーク」 »