« カザフスタン戦雑感 | トップページ | コーヒークエスト3 »

タカラ社長交代

こんな記事を見かけた。
@nifty:NEWS@nifty:タカラ社長に奥出信行氏、創業家以外で初(読売新聞)
社長交代は4月1日だそうなので、現時点での社長は、創業家の佐藤慶太氏(47)である。

以前、「社長という人生」(杉山隆男、新潮社)という本を読んだのだが、そこで取り上げられた6人の社長のうちの一人が、この佐藤慶太だった。

おもちゃの名門・タカラの、創業家の次男として生まれた彼は、社長を務めていた実兄との確執(と言われている)から、いったんはタカラを退社・独立する。その後、業績不振に陥ったタカラから請われる形で、今度はタカラの社長として復帰。直後、「ベイブレード」や「イーカラ」、「バウリンガル」といったヒットを連発し、タカラの救世主となる・・・といった、一種のサクセスストーリーが、本人のインタビューを中心に紹介されているのが、上記「社長という人生」の彼の箇所である。

タカラの救世主だったはずの彼が、いつしか業績を悪化させてしまい、資本参加を受けたコナミの圧力等もあって、自ら身を引く。本を読んだ印象では、佐藤慶太という人は、きっとこのままタカラを復活させていくのだろうと思ったのだが、さにあらず。経営というか、世の中には「絶対」はあり得ないのだなぁ。

「社長という人生」の佐藤慶太の稿は、聞き手とのこんなやりとりで結ばれている。

聞き手「じゃあ、お子さんの部屋にはおもちゃがいっぱい」
佐藤「ありますね、特にバンダイさんのものが」

|

« カザフスタン戦雑感 | トップページ | コーヒークエスト3 »

「仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2740749

この記事へのトラックバック一覧です: タカラ社長交代:

« カザフスタン戦雑感 | トップページ | コーヒークエスト3 »