« 謹賀新年(遅いっ) | トップページ | 検索ワードランキング(12月度) »

「カンフーハッスル」

カンフーハッスル」(2005年1月4日、AMCイクスピアリ)

前作(だよな?)「少林サッカー」に唖然としつつも、かなり感心したので、思い切り期待して劇場に足を運んだのだが、いろんな意味で、期待とは違うモノを見てしまった。

簡単に言うと、「小林サッカー」ではカンフーにサッカーを取り込むという、馬鹿馬鹿しくも素晴らしいアイディアが成功したわけだが、この「カンフーハッスル」は、物凄く真っ当な「カンフー映画」であるのだ。

スーパーなギャグを期待していたのに対して、基本のストーリーは案外マトモだし、個々のバトルシーンも、かなりシリアスである。もちろん、おバカなギャグシーンもたくさんあるし、笑える場面も多いのだが、とにかく映画としての作りが、思いの外真面目なのである。

というわけで、「小林サッカー」的なバカ映画を期待すると、ちょっと肩すかしを食らうことになる。恐らくこれは、ジャッキー・チェンの初期の作品からの流れを汲む、コメディ・タッチの香港カンフー映画の正統として見るべきなのだろう。そういう意味では、ギャグなのかシリアスなのか、全体のトーンがどっちつかずになっているのが惜しまれる。

「ありえねー」なカンフーの超絶技巧シーンは、どの場面もかなり上出来で、これは大満足。やっぱこういうのは、作り手に照れや恥じらいがあっちゃいけませんな。

ところで、劇中にはカンフーの達人たちが登場するわけだが、平均年齢が高いのが面白い。中年のおっさんが、さっと構える姿は、かなりサマになっている。ああいうのを見ると、今からでも武術を習いたくなってくる(ウソ)

|

« 謹賀新年(遅いっ) | トップページ | 検索ワードランキング(12月度) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2472071

この記事へのトラックバック一覧です: 「カンフーハッスル」:

« 謹賀新年(遅いっ) | トップページ | 検索ワードランキング(12月度) »