« 「サティ・ファンタジー」 | トップページ | 初冬ゴルフ »

vs.Fマリノス(CS第一戦)

レッズ 0-1 Fマリノス(TBSにて観戦)

マリノスのプラン通りの試合運びに、見事なまでにはまってしまった第一戦であった。

2ndステージでの対戦時と同じく、レッズのFW三人を押さえ込むと同時に、彼らへのパスの出所を早いタイミングで追い込む戦法で、レッズに攻撃の形を作らせてくれない。エメや永井が、何度か個人技による突破を試みるが、これも二人がかりで押さえられてしまい、何回かに一回、ファウルをもらうのが精一杯だった。

打開策としては、セットプレーか後ろの選手のミドルシュートぐらいしかなかったわけだが、どちらもシーズン中はそれほど成功率が高くなかったわけで、こういう大一番で、それが簡単に決まるほど、サッカーは甘くないということか。

一点取られた後で、達也を下げて岡野投入。同時に暢久がトップ下に入り、フォーメーションを変えてきたことで、それまで守備に追われていた長谷部が、前に出られる場面が増えてきた。その後、レッズがリズムを掴みかけたようにも見えたのだが、結局そのまま守りきられてしまった。

一点ビハインドの第二戦、残り90分。マリノスとしては、今日と同じ戦法で盤石と考えているだろう。アウェイの埼スタ、恥も外聞もなく、ひたすら守って、ロングボールorカウンターとなるのは間違いない。

相手がどう出るか分かっていながら、その打開策を見い出せずにいるレッズだが、果たして次戦までの5日間で、何かヒントを掴めるだろうか。

「ここ一番に弱いレッズ」から決別する、最後にして最大のチャンスだ。

|

« 「サティ・ファンタジー」 | トップページ | 初冬ゴルフ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2177770

この記事へのトラックバック一覧です: vs.Fマリノス(CS第一戦):

« 「サティ・ファンタジー」 | トップページ | 初冬ゴルフ »