« サティあれこれ | トップページ | 吉田秀和 »

vs.ジュビロ(天皇杯準決勝)

レッズ 1-2 ジュビロ(NHKにて観戦)

試合開始10分後ぐらいから、テレビ中継を見始めたのだが、そこに展開されていたのは、なんとも締まらないジュビロの試合振りだった。

パスは足元ばかり、スピードも無く、パスミスも多い。かろうじて個々人のテクニックでボールキープだけはするものの、レッズゴールを脅かす攻撃は、まるで見られない。

これはもう、レッズの楽勝ペースだな・・・と思いながら見ていたのだが、レッズもややプレーに精度を欠き、決定的な場面が作れない。お互いもうひとつペースをつかめないまま、前半終了。

後半に入って、ジュビロの中盤のプレスが甘くなり、レッズの攻撃シーンが増えてくる。今日も右サイドに張った永井に、何度もボールが渡り、その永井からも、質の高い折り返しが入ってくるのだが、達也がどうしても決めきれない。

レッズがやや攻勢で迎えた55分過ぎ、達也が先制ゴール。ここまで何度もチャンスを作っては、それを決めきれずにいたので、この先取点で、一気に勢いに乗るかと思えた。

しかし、そのわずか1分後、自陣内で与えたファールを、素早くリスタートされたのに反応しきれず、藤田にあっさりと同点にされてしまう。この時点で、明らかにレッズの選手達の落胆してしまったのが、テレビの画面からも感じられた。

同点なのだから慌てる必要もなかったのだが、なぜか次の得点を急ぐレッズの焦りを見越したかのように、左サイドを崩されてから簡単に中へ折り返され、そこから更にフリーの中山に渡ったボールが決まり、逆転。残り時間で同点に追いつくだけの力は、残念ながらもう残っていなかった。

今日の試合の転換点は、やはり藤田の投入か。(出たのは名波) それまでは、足元主体のポゼッション・サッカーとなっていたのが、藤田が入ってから、急に全体がスピードアップし、スペースを狙う動きが増えてきたように見えた。そういう意味では、ジュビロのギアチェンジに、レッズが対応しきれなかったのが、第一の敗因だろう。

主力選手が軒並み不在とはいえ、今日のメンバーなら、もう少し頑張れたようにも思う。左サイドが平川と内舘では、やはり守備が不安定・・・という要素はあるにせよ、それ以上に、試合の中での「ここ!」という時間帯なりポイントを、レッズの選手は掴み切れていなかった。このあたり、やはりジュビロのベテラン陣は役者が上で、後半途中まで0-0で我慢して、勝負どころで藤田や中山を投入するというのは、策士・山本監督らしい、現実的な戦略だと思う。

内容では圧倒していただけに、なんとも負けた気がしない今日の試合だったが、やはり結果が残せなかったという点では、ギドにも選手達にも、まだまだ足りない部分があるということなのだろう。

無冠に終わった2004年だったが、間違いなく実り多い一年ではあった。「強豪」と呼ばれるチームになりつつあるのは確実だが、決して慢心せずに、タイトルを手にしきれなかった事実を重く受け止めて、また来年も、我々を楽しませて欲しい。

お疲れさま!

|

« サティあれこれ | トップページ | 吉田秀和 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

圧倒しこそすれ、煮え切らないものが残ります。強豪にはなれたかもしれないけど、磐田、鹿島の復活は必至で、来年からは一層厳しくなるはず。せめてなにか一つタイトルが欲しかったなー。

投稿: kiku | 2004.12.25 22:48

kikuさん、コメントありがとう。
本当に、なんともスッキリしない敗戦であり、2004年最終戦でしたね。「2ndステージ優勝」も、確かにタイトルの一つかもしれませんが、それにしても、ねえ。まあでも、レッズ史上かつてない楽しい一年を送れたことには、素直に感謝しようと思います。

投稿: yuji | 2004.12.25 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2373698

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ジュビロ(天皇杯準決勝):

» 終戦:浦和 1-2 磐田 [浦和御殿]
 またしても結果を残せず。  経験なのか、落ち着きなのか、それが何であるのかはよ [続きを読む]

受信: 2004.12.26 06:06

« サティあれこれ | トップページ | 吉田秀和 »