« ココログ機能修正 | トップページ | ドイツ戦雑感 »

vs.ベルマーレ(天皇杯五回戦)

レッズ 2-0 ベルマーレ(NHK-BSにて観戦。録画)

四日前にチャンピオンシップを戦ったばかりのレッズであったが、アルパイ、闘莉王、アレックス、エメを、それぞれ内舘、堀之内、酒井、平川に代えて、試合に臨んできた。

ベルマーレの戦い方は、明らかにCSでのマリノスのやりかたを模倣するものだったが、真似をするには、さすがにチームのレベルが違い過ぎた。

キックオフからしばらくこそ、ロングボールの放り込みを多用され、うまく攻撃の形を作れなかったのだが、10分過ぎに、逆に後方からのロングボールにうまく合わせた達也が、ダイレクトボレーで先制ゴール。

そこからは、ほぼレッズペースで試合が進む。中盤で出足良くボール奪取、前線で跳ね返されても、すぐにルーズボールを拾って二次攻撃と、良い時のレッズの試合振りとなり、30分過ぎに達也が二点目ゲット。このまま祭りに突入かと思ったのだが、追加点は奪えずに前半終了。

後半、攻めるしかないベルマーレは、サイド攻撃を主体に、かなりアグレッシブに向かってきたが、フィニッシュの形は作らせない。

15分過ぎに、永井に代えて岡野投入。カウンター要員としては効果的な交代かと思ったが、お互いにやや手数をかけての攻め合いになったこともあり、カウンターの場面そのものが少なかったのが残念。

30分過ぎには、内舘に代えて坪井投入。ボールに触る機会は少なかったが、元気そうな姿を見られて安心、安心。

40分過ぎには、長谷部がやや強引なミドルシュートを放ち、これがGKの脇の下を抜けて三点目。これで実質的にはゲームセットとなっった。

長谷部の得点直後に、その長谷部に代えて、横山を投入するも、その後は特に見せ場もなく、試合終了。

CSの直後だけに、リズムが掴めずにずるずると・・・というパターンを心配していたのだが、エメや闘莉王がいないせいか(笑)、なんだかまるで実直な事務員が、溜まった仕事を片づけるがごとくのマジメな試合ぶりでの勝利であった。

さて、これで次はFC東京戦。ナビスコの借りをどう返すのか、楽しみにしていよう。その後準決勝を片づければ、決勝ではいよいよ・・・え? マリノス負けちゃったの??(驚)

|

« ココログ機能修正 | トップページ | ドイツ戦雑感 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2280436

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ベルマーレ(天皇杯五回戦):

« ココログ機能修正 | トップページ | ドイツ戦雑感 »