« vs.ジュビロ(天皇杯準決勝) | トップページ | 「男坂」 »

吉田秀和

音楽の二十世紀
吉田秀和著

(上記はbk1へのリンクなのだが、現在取り扱われていないらしい。amazonでは、手配可能のようなので、こちらへもリンクを貼っておく)

ガーター亭さんの記事で、白水社の「吉田秀和全集」が完結したことを知った。

僕が初めて彼の本に接したのは、以前にも書いたが、新潮文庫版の「LP300選」でだった。当時はかなりの著作が、新潮や中公で文庫化されつつあった頃で、恐らくはほとんど全ての文庫本を手に入れたはずである。ハードカバーのほうは、ちょうどレコ芸の連載が、「このレコードがいい」とかなんとか、そんなタイトルで一冊にまとめられて出た頃だったと思うが、それ以降の新刊も、たぶん全部網羅できたと思う。

ことほどかように、熱心な吉田教信者ではあったわけだが、その教えの意味するところは、残念ながら到底理解できたとは言い難い。まあ、本を集めては、喜んでいただけのことである。

というわけで、ある時期からは、彼の本には、新刊で出た際にとりあえず入手しては、思い出したように数ページずつ読むような感じで接している。(上記の「音楽の二十世紀」も、初版は1998年。出版されてほどなく入手したはずなので、6年かかって読んだことになる・・・というか、最近まで積んであっただけだが)

話を戻して、白水社の全集だが、信者としては是非とも揃えたいところなのだが、単価が4~5千円と高く、我が家には保有するスペースもない。更に、全集に収録された著作の、恐らくは7割程度は個々の著書で目にしていると思うと、どうしても購入する勇気が湧かないのである。

いつの日か、理想の書斎の主になれる日が来るならば、真っ先にこの全集を並べてみたいと夢想はするのだが、きっとその頃には、絶版になっているのだろうなあ。嗚呼。

|

« vs.ジュビロ(天皇杯準決勝) | トップページ | 「男坂」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2376120

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田秀和:

« vs.ジュビロ(天皇杯準決勝) | トップページ | 「男坂」 »