« 「男坂」 | トップページ | 2004年を回顧・・・ »

コーヒークエスト

・・・わかりにくい記事タイトルだなぁ。

しばらく前に、CLASSICAさんのところで、「おうちでコーヒーの生豆を自家焙煎」という記事を読んだ。コーヒーはもともと好きなので、大いに刺激を受けて、真似してみたくなったわけだが、その前に、当該記事にもある通り、「味の目標地点」を確保しておかなければいけないことに思い至った。

以来、良さそうな自家焙煎の店を探していたのだが、都内有名店はともかく、生活圏内に、なかなか手頃な店が見つけられずにいた。ところが、灯台下暗しとでもいうか、家内の実家の近所に、なかなか良さげな店を発見したので、寄ってみた。

お店の名前は、「ランサメント香房」という。中へ入ると、濃厚なコーヒーの香りが充満していて、一瞬くらっとする。店主夫婦(たぶん)の、暖かい出迎えの声に勇気づけられ、あれこれと相談しながら、豆を選んでみた。

今回は初回なので、オーソドックスそうなハウスブレンド「もりもとさんちのコーヒー」をチョイス。すぐに飲んでみたかったので、100gは粉にしてもらい、200gを豆で購入。ご主人がそれぞれを袋詰めしてくれている間に、奥方(たぶん)がデミタスカップに、試飲用のコーヒーを持ってきてくれた。「ケニアAAキブブティー」という豆だそうで、この店独自のイタリアンロースト製法で深煎りしたものとのこと。やや重みを感じるものの、深みのある味わいは格別であった。

さて、購入後、さっそく家内の実家で飲んでみたが、とにかく封を切ったとたんに、部屋中にコーヒーの香りが立ちこめたのには感動。お味のほうも、深めのローストながら、じんわりとした旨味があって、とても美味。もっとも、味もさることながら、とにかく香りが素晴らしい。今まで市販の粉を買って飲んでいて、それはそれなりに美味しかったのだが、その日の午前中に焙煎したという、その粉とは、まるで比較にならない。もっと早く、こうした自家焙煎のものにしていれば良かったと、激しく後悔したのだった。

ところで、今回はついブレンドを選んでしまったのだが、良く考えるとこれは失敗(美味しかったけど)。ほんとの自家焙煎を目指すのであれば、まずはストレートで、大まかな豆毎の味わいを掴んでおくべきだった。まあでも、しばらくはいろんな豆を楽しむことにしよう。

|

« 「男坂」 | トップページ | 2004年を回顧・・・ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 おお、うまそうなお店を見つけられてなによりです。自分で焙煎するのも楽しいですよ。ただし終わったあとの掃除は大変なのでご注意を。
 それにしても自家焙煎コーヒーの記事はずいぶん反響があったなあ(笑)。

投稿: iio | 2005.01.01 00:49

おお、コメント恐縮です>iioさん

いやぁ、「自家焙煎コーヒー」って、コーヒー好きの夢ですものねぇ。本当にやってる人に出会えるというのも、blogならでは楽しみだと思います。

今年もいろいろ教えてくださいませ!

投稿: yuji | 2005.01.03 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/2393654

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒークエスト:

« 「男坂」 | トップページ | 2004年を回顧・・・ »