« 仲秋ゴルフ | トップページ | 「愛の領分」 »

vs.Fマリノス

レッズ 0-0 Fマリノス(埼玉スタジアムにて観戦)

なんとなく、FC東京戦のリプレイを見させられているような試合だった。

岡ちゃんのゲームプランは明快で、DFラインをやや引き気味にして裏のスペースを消し、マイボールになったら、状況に応じて、ロングボールでレッズDFの裏を狙うか、はたまた両サイドに展開するか、といったところ。「勝ちに行く」、というよりは、アウェイゲームの基本に忠実に、「負けない」試合運びが徹底されていた。

全般的に、レッズが押し気味に試合を進めたものの、逆襲からのチャンスは、むしろマリノスのほうが多かったかもしれない。この展開で、一点でも取れていれば、岡ちゃんのプラン通りの試合となってしまったところだった。

マリノス側は、やはり奥とドゥトラのプレーが光っていた。それぞれ要所でボールに絡み、そこから効果的に展開し、チャンスを演出していた。特にドゥトラは、守備での貢献度も大きかったと思う。

守備陣では、やはり中澤か。代表での好調さによるのだろうが、すっかり自信満々である。頭だけではなく、足元も巧く、スピードスターのエメと達也にも、タイミング良く足を出して、うまく止めていた。それに、GKの榎本も、エメの強烈なシュートに見事に反応したり、今日は当たりの日だったようだ。

監督の描いたシナリオに沿って、各選手がきちんと役割を果たすあたり、今ステージでは若干出遅れてしまったとはいえ、やはりチャンピオンチームだけのことはある。

マリノスのことばかり書いてしまったが、レッズとしては、やはり相手が引き気味できた場合の対策が、まだまだ出来ていない印象だ。今日の場合は、前の試合で大爆発した達也とエメの2トップで、とにかく相手DFを攪乱する戦法に出たのだろうが、上に書いた通り、二人ともしっかり止められてしまった。

こんな試合では、やはりセットプレーに期待したいところだが、CK、FK共に、ちょっとアイディア不足。今後もセットプレーに頼りたい試合は続くだろうから、もう少し工夫して欲しいところだ。

まぁ、しかし、「強豪」相手に失点することもなく、しっかりと勝ち点1を積み上げたのは評価したい。試合内容も決して悪くなかったことは、終了後のスタジアムの雰囲気からも明らかだ。0-0でも、観ていてそれなりに充実感を得られた試合だったと思う。

そうそう、長谷部の復活には大拍手。復帰初戦だったはずだが、相変わらずの豊富な運動量で、レッズの中盤を支えていた。終盤、暢久が抜けて、長谷部がトップ下に上がったが、あの形は練習していたのだろうか? 

引き気味の相手の打開策としてだが、暢久と長谷部の、縦のラインがもう少しうまく絡むようになれば、チャンスも広がると思う。次節の鹿島戦に期待である。

|

« 仲秋ゴルフ | トップページ | 「愛の領分」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1706037

この記事へのトラックバック一覧です: vs.Fマリノス:

» もやもや:浦和 0-0 横浜M [浦和御殿-ココログ版]
 SRというのは、良くて粗忽なレフリー、下手をすると埼玉高速鉄道職員と相場が決ま [続きを読む]

受信: 2004.10.18 11:57

« 仲秋ゴルフ | トップページ | 「愛の領分」 »