« オマーン戦雑感 | トップページ | 「冒険ファンタジー名作選」第2期刊行! »

矢野徹死去

日本SF界の大御所、作家にして翻訳家の矢野徹が亡くなった

僕が彼の名前をはっきりと認識したのは、彼が訳したハインライン「宇宙の戦士」でだったか。作品そのものとは別に、彼の書いた解説もインパクトがあったし、文庫版に収録された論争集みたいなものも興味深かった。

SF以外でも、翻訳ではバグリイ(「高い砦」!)やマクリーンの諸作品、彼自身のオリジナルでは、「地球0年」なんかを読んでいる。

また、初期のパソコン(DOS-V以前)の頃にも、いろんな雑誌に、エッセーを書いていたのを思い出す。

折しも、以前書いた記事で紹介した、「冒険ファンタジー名作選」の第二期10巻が刊行されたところなのだが、この中に、僕が子供の頃夢中で読んだ、ハインラインの「超能力部隊」も含まれている。翻訳はもちろん、矢野徹である。是非買って、再読してみたい。

2004年10月13日、大腸がんにて死去。享年81とのこと。合掌。

|

« オマーン戦雑感 | トップページ | 「冒険ファンタジー名作選」第2期刊行! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1682475

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野徹死去:

« オマーン戦雑感 | トップページ | 「冒険ファンタジー名作選」第2期刊行! »