« 「活眼 活学」 | トップページ | 矢野徹死去 »

オマーン戦雑感

日本 1-0 オマーン

勝ちたい試合にきちんと勝って、見事にワールドカップ一次予選突破である。素晴らしい。

全体的に、オマーンがハイテンション&ハイスピードで臨んできたこともあって、スピーディーで見応えのある、緊迫感溢れる試合になったと思う。

それにしても、個々の選手も、チーム全体も、アジアカップ優勝時のレベルを基準値として、さらにレベルアップしつつあるようだ。まさに「成長途上」のチームと選手と言っていい。

唯一のゴールシーンでは、伸二のパスを受けた俊輔が、鋭い突破からファーサイドへ正確なクロス。ゴール正面の高原を越えたボールに、後ろから走り込んだ鈴木タカが、教科書通りに地面に叩きつける、これまた見事なヘディングシュートと、実に素晴らしい展開だった。

ひ弱な印象があった、俊輔のフィジカル強化にもびっくり。倒された時には、ちゃんとファールがもらえるあたり、中田ヒデみたいになってきた。成長したなぁ、と思う。

僕の中では問題児だったアレックスも、今日は終始いいプレーを続けていた。課題の守備も、無難にこなせるようになったし。

中澤の自信溢れるプレーぶりも光ったが、得点の直後、浮き球に川口と宮本がかぶってしまい、こぼれたボールをシュートされた場面では、ああなることを予測していたかのように、ゴール内へカバーに入っていた田中マコが圧巻だった。ただの幸運かもしれないけど(笑)

気になったのは高原か。ゴール前での好ポジショニングや、惜しいシュートなどもあったにはあったが、トラップが大きくて相手にボールを奪われるシーンが何度もあったし、伸二や俊輔のパスに反応できなかった場面もいくつか。FWとしては、もう少しなんとかして欲しいところだ。

なんにせよ、ジーコ監督のもと、日本代表は最終予選に駒を進めた。これでもう、ジーコ更迭の可能性は消えたわけで、最終予選に向けて、どこまで今のチームをレベルアップさせられるかが、今後の課題となる。それはともかく、ジーコ自身も、代表チームと共に、監督として成長しつつあるのは確かだろう。後は、その成長が、最終予選に間に合うかどうかだけだ。

|

« 「活眼 活学」 | トップページ | 矢野徹死去 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
アジアレベルでは
もう少し安心して見られるように成長してくれればいいのですが。
とにかく、ドイツW杯への進出を祈りましょう。

投稿: うってぃん | 2004.10.15 23:36

こちらこそ、トラックバックありがとうございました。

考えてみると、ようやく一次予選を突破しただけですからね。最終予選がどんなことになるか、楽しみなような心配なような。

「ジーコではドイツに行けない」が僕の持論なんですが、やっぱり行ってもらわないと悲しいので、頑張って欲しいものです。

投稿: yuji | 2004.10.16 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1674944

この記事へのトラックバック一覧です: オマーン戦雑感:

» やれやれ、無事W杯一次予選通過したよっ! オマーンvsニッポン [CLASSICA - What's New!]
●敵地でのオマーン戦だったのだが、この日の勝ち抜け条件は「勝つか引き分ける」。一方で、2点差以上で負けると、事実上、ニッポンは一次予選にして早くもドイツ大会への... [続きを読む]

受信: 2004.10.14 10:07

» ジーコジャパン最終予選へ [うってぃんはうす]
ドイツW杯最終予選をかけたオマーン戦。 完全なアウェイの中、どのような戦いをする [続きを読む]

受信: 2004.10.14 23:18

« 「活眼 活学」 | トップページ | 矢野徹死去 »