« ハゼ釣りの日 | トップページ | 「スペインの時」 »

vs.FC東京

レッズ 0-1 FC東京(NHK-BSにて観戦)

山瀬の負傷離脱、アルパイの警告累積による出場停止、ギドの不在と、まさにここが「踏ん張りどころ」の試合だったのだが、結果的には2ndステージ初の敗北を喫してしまった。

山瀬の穴をどう埋めるかが、今日のポイントの一つであったが、長谷部をトップ下に・・・という大方の予想を裏切り、エメ、アレックス、永井の3トップ(あるいは、1トップ2シャドー)という布陣でのキックオフとなった。

前半、レッズの左サイドを、戸田と加地のコンビで、何度となく破られる。アレックスが前にいるのは仕方ないとして、その後ろの平川が、ディフェンスとしてまるで機能しないのが痛かった。失点も時間の問題かと思われたが、なんとか前半は無得点。

攻撃では、エメが徹底マークにあう。これも充分予想できたことで、その対策として、前線のターゲットを増やす意味もあっての3トップだったのだろうが、この狙いもあまり効果が出ない。

一度だけ、裏に抜けた暢久がドリブルから中へ折り返し、強烈なシュートを放ったのだが、相手DFに当たったボールは、その後ポストに当たって、得点ならず。前半の見せ場はこれぐらいだったか。

前半0-0とはいえ、東京としては狙い通りの試合運びだったろう。むしろ、レッズにとっては、先制されなくてラッキーといえそうな展開だったと思う。

後半早々、少し集中を欠いたのか、高い位置でボールを奪われて、何度か攻め込まれる。その流れにのってルーカス投入。直後のCKから、とうとう失点してしまう。

面白いもので、これでレッズが目を覚ました・・・というよりは、東京が、先制点に安心してしまったかのように、出足が鈍り始める。徐々にレッズのボール支配率が高まりつつある場面で、達也投入。交代はなんと内舘で、4バックにシステム変更。

中央にスピードのあるエメと達也がいることで、東京のDFとしては、どうしても彼らをケアせざるを得ない。そのため、広くサイドに張った永井とアレックスに、かなりフリーな状態でボールが入るようになった。特に永井のほうには、何度もボールがわたって、その度にアタックが繰り返されたのだが、いかんせん上背のないエメと達也では、単純にボールを放り込まれても、なかなかシュートチャンスは作れない。

あの時間帯、サイドアタックからかなりの回数のCKやFKのチャンスを得たのだから、やはりそこから一つでも決められなかったのが厳しかった。

後半40分頃に、足を痛めた長谷部に代わって千島投入。しかし、攻撃のリズムが良かったのはそこまでで、その後はなす術もなく試合終了の笛を聞くことになった。

今日の試合、3トップが良かったかどうかというのが、議論の対象になるようには思うが、それ以上に、東京の作戦勝ちに思える。まずはエメを押さえ込み、エメにパスを出せずにいる2列目を襲ってボールを奪う、浅いラインを敷くDFの裏(特に左サイド)を狙う、セットプレーのチャンスを生かす、等々・・・  もちろん作戦だけでなく、レッズの流れになった時間帯も含め、東京の選手達は最後まで良く集中してプレーしていた。

上位チームと対戦する相手が、それなりの対策をたててくるのは当然だ。これからは、毎試合、こんな展開になると思ったほうがいい。そういう状況下において、どうやって勝ちきるか。無策でいれば、ずるずると負けを重ねるだけだ。といって、システムや選手をいじるのは、まさに愚の骨頂だろう。

レッズの闘いは、新しい次元に突入したのだ。

|

« ハゼ釣りの日 | トップページ | 「スペインの時」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1505497

この記事へのトラックバック一覧です: vs.FC東京:

» 瓦斯戦拾遺 [浦和御殿-ココログ版]
 山瀬離脱でどんな策を打ってくるかと楽しみにしていたのですが、その答えは何とエメ [続きを読む]

受信: 2004.09.24 21:02

« ハゼ釣りの日 | トップページ | 「スペインの時」 »