« デジカメ購入 | トップページ | 仲秋の名月 »

vs.ガンバ

レッズ 2-1 ガンバ (テレビ埼玉にて観戦・録画)

結果バレしてのテレビ観戦だったので、なんとなく流して観てしまったため、簡単な感想のみ。

山瀬に続いて長谷部という、好調時の「背骨」のような二人を欠いてしまったレッズだったわけだが、1トップ2シャドーに、暢久のトップ下という、苦心の布陣。しかしその暢久、90分を通して、実に良く頑張った。いつもなら、まず間違いなくフカしそうな、同点ゴールも見事だったが、逆転ゴールに至る場面での、エメのパスを受ける飛び出しも素晴らしかった。

ガンバの試合運びは、確かに今季の好調さを示すものだったと思う。ボールを奪ったら、いったん中央に納め、そこからどちらかのサイドに展開し、しっかりと中へ折り返す。攻撃を単発で終わらせず、ボールを回して、チャンスを伺い続ける。攻撃に手数をかけ過ぎ、という見方もあるとは思うが、左右にボールを振りながらなので、案外有効なアプローチなのかもしれない。

対するレッズは、ピッチコンディションのせいもあったろうが、全体的に連係が悪く、ミスも目立った試合振りだった。それでも、ガンバ攻勢の時間帯も、良く集中してしのぎきったのは、やはり好調時のイメージが残っているからだろう。勝ち点3も大きいが、ここで連敗しなかったのが、何よりも大きい。

故障による離脱者が出始め、先発するメンバーも、少なからず故障を抱えていたり、調子を落としたりしている。ここからは警告の累積による欠場もあるはずだ。ベストメンバーを組める試合は、何試合も無いと思ったほうがいいだろう。それでも、今回のガンバ戦のように、苦しみながらも勝ち点を積み上げられたことは、少なからずチームに自信を与えたことだろうと思う。

後は、暢久や永井に、代表から声がかからないよう、祈るばかりだ・・・ 

|

« デジカメ購入 | トップページ | 仲秋の名月 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1537548

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ガンバ:

« デジカメ購入 | トップページ | 仲秋の名月 »