« 初秋ゴルフ | トップページ | アントニオ・ガデス »

vs.トリニータ

レッズ 4-1 トリニータ(BSにて、前半のみ観戦)

都合により、前半しか観られなかったのだが、それで特に問題なかったようだ(笑)

それにしても、その前半は素晴らしかった。

エメルソンが、現時点で最大の武器なのは間違い無いとしても、今のレッズの強さは、そのエメルソンにボールが入るまでのパターンが、実に多彩な点にあるように思う。

1点目は、相手DFのカットミスもあったとはいえ、右サイドからの達也の突破が起点だし、2点目は左サイドからアレックスのピンポイントのクロス。3点目はそのアレックスからエメへのパスを起点に、エメがDFを振り切って打ったシュートのこぼれ球を山瀬が押し込んだもの。4点目は、相手DFの中途半端なボールをカットした達也の、ドリブルからのナイスシュート・・・

確かに個人技頼りかもしれないが、各プレーヤーの個人技が、最大限に生かされるように、周囲のプレーヤーも良くサポートしてるように感じる。例えば、エメが前を向いてボールを持った時には、少なくとも達也と山瀬は、必ずと言っていいほど、ゴール前に詰めていっている。もちろん、エメのシュートのこぼれ球を狙って、だ。(今日の山瀬のゴールが、その成果)

攻撃面では、とにかく無得点ということはあり得ない、と感じさせてくれる充実振りである。

課題はやはり守備か。今日の後半も失点してしまい、またもや完封はならなかった。もっとも、今日の試合に関しては、都築に代わって入った山岸が、あまりに不安定だった。好セーブもあったにはあったが、DF陣へのコーチング、キャッチングとパンチングの判断、飛び出しの判断、等々、すべての面で安定さを欠いていた。都築の状態にもよるが、これではまたしばらくは出番が無さそうに思う。

ともあれ、今までだったら、今日あたりのゲームが、最も取りこぼしやすいポイントだったのだが、無事に乗り越えてくれた。次節の新潟も、今までならやはり落としやすいゲームなのだが、今の調子をキープして、しっかりと叩いてしまいたいものだ。

|

« 初秋ゴルフ | トップページ | アントニオ・ガデス »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1422074

この記事へのトラックバック一覧です: vs.トリニータ:

« 初秋ゴルフ | トップページ | アントニオ・ガデス »