« 「初恋のきた道」 | トップページ | vs.インテル »

vs.豪州(U-23)

日本 0-1 豪州

闘莉王の怒り具合と、松木の騒ぎ声だけが印象に残る試合だった。どうでもいいが、今後松木は副音声に回してもらえないか>テレ朝 松木&セルジオのダブル解説に、角澤&船越(日テレよりレンタル)のダブル実況なんかだったりしたら、それなりにウケると思うのだが←無理

さて、暑さのせいだかなんだか、どうにも動きが鈍い日本に対し、決してスピードがあるわけではないが、フィジカルの強さを武器に、ガツガツと潰しにくる豪州。どちらにも、それほど目立ったチャンスがないまま、前半が終わり、さらに同じようなテンションの低さで、後半も過ぎていった。結局、終盤に1点取られた後は、特に見せ場もなくホイッスル。

思うに、今回のテンションの低さは、まずは代表メンバーが固定してしまったことからくる、一種の安堵感によるのではなかろうか。なんせ、3月の最終予選から、つい先々週まで、過酷ともいえるレギュラー争いをしていたわけだから、このあたりで気分的に一息ついてしまうのは、仕方ないところだと思う。

そういう意味では、ここで負けたのは、チームに取っては良かったのかもしれない。「最終メンバーに残れた」→「自分は評価されている」→「選び抜かれた自分たちは、(何もしなくても)強いはずだ」といった安易な過信に陥らないためにも。

小野が合流するのであれば、今回の豪州戦あたりから見てみたかったなぁ。

|

« 「初恋のきた道」 | トップページ | vs.インテル »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/1059123

この記事へのトラックバック一覧です: vs.豪州(U-23):

« 「初恋のきた道」 | トップページ | vs.インテル »