« 検索ワードランキング(5月度) | トップページ | 「幸福」の幸福 »

イングランド戦雑感

日本 1-1 イングランド

伸二、ナイスゴール! いやぁ、早起きして観た甲斐があった(嬉)

ほぼベストメンバーで臨んだイングランドは、立ち上がりから本気モード。強くて早いボール回し、ボールホルダーへの積極的なアタック、大きなサイドチェンジ、素早い攻守の切り替え・・・もう、惚れ惚れするような展開だった。

日本は完全に受けに回ってしまい、防戦一方。そのうち、ランバート(かな?)に強烈なミドルを打たれ、それを楢崎が前にこぼしたところを、オーウェンに決められてしまう。しかし、最初のシュートも低くて強いし、オーウェンの詰めも素早かった。感心。その後、日本もやや持ち直しつつ、前半終了。

後半に入って、やはり立ち上がりは押し込まれるが、ここを守りきったことで、試合が落ち着いてきた。イングランドも、なんとなくこのままリードしてればいいや・・・みたいなムードになったのだかどうだか、中盤でのプレッシャーがやや甘くなる。そこで、フリーでボールを受けた俊輔から、縦に抜けたサントスに見事なスルーパス。受けたサントスが、思い切り良くゴール前にいた伸二にラストパスを出し、これを伸二が見事にダイレクトでシュート! GKの足下を抜けて、同点。この一連のシーンには、文字通り鳥肌が立った。

同点にしてからは、双方互角の戦いになったと思う。日本も積極性を取り戻し、惜しいシーンもいくつか作り出せた。どうせなら、一度は逆転して欲しかったが、欲を言えばきりがない。

アイスランド戦での問題児コンビ(笑)、俊輔とサントスの活躍で得点したわけだから、二人を使い続けたジーコは鼻高々だろう。しかし、あのシーン以外では、相変わらず二人のところでスピードダウンしてしまうわけで(得点シーンでは、二人とも判断に迷いが無かった)、もう少しなんとかならんかなぁ、と思ってしまう。

ともあれ、引き締まったいい内容の試合だったと思う。しかし、このメンバーでインド戦ってのは、町のチンピラ相手に、正規軍一個連隊をもって向かうに等しいのではなかろうか←暴言

****************

追記 イングランドの得点シーン、シュート打ったのはランバードじゃなくてジェラードだった。今さらどうでもいいような気もするが、とりあえず誤記につき訂正しておく。

|

« 検索ワードランキング(5月度) | トップページ | 「幸福」の幸福 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/696246

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド戦雑感:

» イングランド代表vsニッポン代表 [CLASSICA - What's New!]
●大変なことである。場所はマンチェスター・シティ・スタジアム、アウェイにあって、ニッポンは1†1で引き分けた。相手に疲れがあったとかいろんなことはあるかもしれな... [続きを読む]

受信: 2004.06.03 12:09

« 検索ワードランキング(5月度) | トップページ | 「幸福」の幸福 »