« blogあれこれ | トップページ | 「少林サッカー」 »

vs.ジェフ

オシム語録に曰く、「どっちが勝っても負けても良かった試合」だった。

「オシム・サッカー」とやらを、初めて眼前で見せてもらったが、確かによく走る。各選手の出足が速く、プレッシャーのかけかたも半端ではない。中盤でのボールホルダーには、常に3~4人で囲み、次のターゲット(山瀬や長谷部)にも密着マークをしているため、そこから前へ展開させてもらえない。

攻撃もシンプルで、こうやって高めの位置で奪ったボールを、早めにマルキーニョスに預け、キープ力のある彼がレッズDFを引きずるうちに、両サイドの選手が空いたスペースを使うといったプランだったようだ。

レッズも決して悪くはなかった。厳しいプレッシャーにあいながらも、なんとかパスを通してはエメにボールを渡す。数回は、得点を予感させるシーンさえあった。(エメの空振り、とか)

あの時間帯でなんとか一点取れていれば・・・といったところで、CKであっさり失点。あんなにきれいに飛び込まれるとは、いったい誰がマークについてたんだろう? そして、2失点目は、室井が責められるべき。どうも室井のプレーにはムラが多い。

ただ、不思議なことに、スタジアムには楽観的な空気が漂っていたような気がする。「2点差なら追いつける」・・・僕も含め、そう感じていたサポーターは多かったんじゃないだろうか。もっとも、その空気も、前半終了間際の長谷部の離脱と、後半開始早々のエメの交代で、かなり雲行きが怪しくなってしまったのだが・・・

ただ、面白いもので、エメが抜け、岡野が入ってから、俄然試合が動き始める。ジェフの選手が「逃げ切りモード」に入ってしまい、プレーが緩慢になる。それにつられたのか、相手GKの「6秒ルール」?とやらで、間接FK。混戦の中、こぼれてきたボールを永井がゴール。

2点目はまさかのPK。これを闘莉王が決めたのだが、彼がボールをセットしたのを見て、ギドが後ろを向き、手を大きく広げて天を仰いだのには、観客大ウケであった。

そして逆転のゴールは岡野。オーロラビジョンでのリプレイを見ると、ボールが足につかないでオロオロしてるのが、結果としてフェイントになった(笑)・・・ようにも見えるが、うまくGKをかわして押し込んだ。

問題はそこからで、今度はレッズが「逃げ切りモード」に入ってしまう。啓太が完全に最終ラインに入ってしまい、ペナルティエリア前のスペースがスカスカになったところを自由にプレーされ、結局そこから展開されたうえ、最後は啓太がPKを取られてしまい、ジ・エンド。

最後のPKに関しては、まぁ、誤審は誤審かもしれないが、こちらも一つもらってることだし、岡田主審も、どこかで「PK返し」を狙っていたような気はするので、文句は言うまい。

繰り返すが、今のレッズは決して悪くない。悪くないが、これ以上を狙うには、やはり物足りない。あと半歩の出足の速さ、あと数%の集中力アップ、そしてあと少しの「勝つことへの執念」。このステージでの優勝がかなり難しくなった今、どうモチベーションを維持するのか、むしろここからが正念場だろう。

|

« blogあれこれ | トップページ | 「少林サッカー」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/601720

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ジェフ:

» VS市原(Jリーグ第10節) [赤猫 -The BLOG about URAWA REDS -]
3位浦和と4位市原、ホームに迎えての負けられない試合は、乱打戦の末引き分けでした。 (詳細&監督コメントは公式サイト参照) 映像をまだ見ていないのでネッ... [続きを読む]

受信: 2004.05.16 11:58

» 伝統 ~ 浦和 3-3 市原 [浦和御殿-ココログ版]
 切羽詰らないと力が出せない。浦和レッズの悪しき伝統だ。  ここ数年でレッズの [続きを読む]

受信: 2004.05.17 11:53

« blogあれこれ | トップページ | 「少林サッカー」 »