« 「猛き箱舟」 | トップページ | 「青空の方法」 »

「こどもの日」コンサート

特に遠出もしなかった今年の連休だったが、唯一にして最大(笑)のイベントだったのが、サントリーホール主催の「こどもの日コンサート」であった。

午前の部に行ったのだが、開場時間の10時前には、すでに長蛇の列ができていた。何もそんな並ばなくたって・・・と思ったのだが、実はこの行列、開演までの一時間に行われる「楽器たんけんコーナー」目当てだったのだ。

列の後ろについて入場してみると、会場内のあちらこちらに設けられたコーナーで、実際の楽器に触らせてくれている。どの楽器のコーナーも、順番待ちの子供達が大勢並んでいて、なるほど、これが開場前の行列の理由だったわけだ。

開演まで一時間あったものの、結局、最初に並んだヴァイオリンに触っただけで、時間切れ。残念!

ほとんどの子供が、楽団員に教えて貰いながら、おっかなびっくり弓を引いている中で、時折、すらすらと手慣れた感じのパッセージを弾く子供もいる。僕のすぐ隣にいた子は、さらりと短いパッセージを弾いたあと、「うわー、僕のと全然音が違う」と騒いでいた。うーむ。

さて、肝心の本番だが、高関健の真面目な指揮振りに応えて、日本フィルも立派な演奏をしていた。最後の「イタリア奇想曲」なんか、僕としてはもうちょっと色気が欲しいところだが、ま、子供相手だから、あのぐらいにしておかないとね(笑) でも、大変良い演奏だったと思う。

最後の曲が終わって、アンコール。プログラムに歌詞が印刷してあった通り、「となりのトトロ」主題歌の「さんぽ」を、みんなで大合唱してオシマイ・・・と思ったら、さらにアンコールがあって、これがなんと、「ラデツキー行進曲」! 指揮者の合図があったとはいえ、聴衆の手拍子も良く心得ていて、なんかもう、すっかりニューイヤーコンサート気分である。

親バカというか、「バカ親&バカ祖父母」の大集合(自分も含め)といったところかもしれないが、こういう浮き世離れしたイベントも、あっていいんじゃないかと思う。子供達の記憶のどこかに、この日の音楽が、ホールのきらびやかさが、残りますように。

****************

追記 ココログルで検索したら、cool sweets cafeさんが、同じく「こどもの日コンサート」に出かけられていたので、トラックバック送らせて戴いた。blogタイトル通り、とても美味しそうな写真が満載で、楽しいblogである。

|

« 「猛き箱舟」 | トップページ | 「青空の方法」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/554548

この記事へのトラックバック一覧です: 「こどもの日」コンサート:

« 「猛き箱舟」 | トップページ | 「青空の方法」 »