« ゴルフの日 | トップページ | 再びゴルフ »

vs.トリニータ

浦和 4-1 大分

テレビ(TBS)にて観戦。解説、福田正博。

試合内容はともかく、今日はサポーターの「コール無し」応援にびっくり。福田も当惑しながら、「試合内容が悪くて、途中からコールが止まったことはありますが、最初からってのは・・・」と絶句。

とまあ、なんとも重たい雰囲気で始まった試合なれど、前半であっさり3-0。後半も一点を加えて、気がつけばエメはハットトリックをあっさり達成。それでもコールは起こらない。

試合終盤、このまま4-0で終わらせよう・・・とばかり、山田を中心に、DFラインでボールを回し始める。このまま終わっていれば、今季初完封ということで、最後の最後で「うら~わレッズ」が爆発するのかと思った矢先、なんとその最終ラインのボール回しを狙われて、やらずもがなの失点。これでまたスタジアムの雰囲気はぐわーんと重くなり、結局そのままコール無しで試合を終えたのであった。

今回のコール無し応援、賛否両論あると思うが、僕としては紅い雪だるまさんの書いてる通り、ここまで極端な示威行為というのは、やはり時期尚早だと思う。

プレーヤーとしてのギドは大好きだが、しょせんは新人監督である。代表の日程やら、DF陣の怪我やらで、満足な事前準備ができなかったにしては、この時点での4位は悪くない。確かに、標榜する攻撃サッカーが、あまりに不安定な現状において、すぐにシステムをいじったりする、少々場当たり的な対応がサポーターを不安にさせているのは否めないと思う。ただ、ここはサポーターも我慢して、ギドと一緒に、今年のレッズを作っていくべきではないか。

選手達にしても、今日の試合の終盤に象徴されるように、もう一つ集中力というか、気迫みたいなものが90分持続しきれていない。ならば、そんなモチベーションの低下を補うのが、サポーターの応援であるべきではないか。

チームは、前節の負けを引きずらず、結果を出した。サポーターも、コールを止めることで意志を表明した。次節からは、再び「共に闘う」監督・選手とサポーターに戻って欲しいものだ。

|

« ゴルフの日 | トップページ | 再びゴルフ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/459112

この記事へのトラックバック一覧です: vs.トリニータ:

» 静寂 ~ 浦和4-1大分 [浦和御殿-ココログ版]
 今日のMIPは文句なく塩川主審。どちらかというと浦和よりの判定が多く、久々に主 [続きを読む]

受信: 2004.04.19 21:30

» カテナチオにあらず(vs大分(Jリーグ第6節)) [赤猫]
CATV(Jスポーツ1)で録画放送を見ました。 うーん、確かに「スコアほどには楽しめない」試合かもしれませんね。 個人的には「勝ち点3に勝るものなし」と... [続きを読む]

受信: 2004.04.25 22:52

« ゴルフの日 | トップページ | 再びゴルフ »