« 「ペレアスとメリザンド」 | トップページ | 「川原泉の本棚2」 »

vs セレッソ

レッズ 4-2 セレッソ

なんというか、大味な試合だったが、まずはギド監督の初勝利を素直に祝いたい。

レッズはぱっと見ると、3-4-3というシステム。ほとんど大昔の「WM型」みたいだが、サッカー雑誌によれば、3-1-2-1-2-1なんだそうだ。ちょっと説明に無理があるような気がする。まあ、3-4-2-1といったところか。

永井と三都主が左右に広く張ることで、サイドからの攻撃機会を増やし、彼らに引っ張られた相手DFのスペースを、長谷部やエメルソンが使うというプランのようだった。

試合開始からしばらくは、お互いまずまずの動きを見せていたが、セレッソのほうがやや動きの質がいいように見えた。例によって、森島の豊富な運動量を中心に、ボールが良くつながる。それに対してレッズ側は、各選手のキープ時間が長く、うまくボールが回らない。

相手のセットプレーでは、2番と5番の長身選手がゴール前に出てくるのだが、レッズDFは体格的に圧倒的に不利。コーナーはヤバイなぁ・・・と思っていたら、案の定、そのコーナーで先制されてしまった。オーロラビジョンのリプレイで見ると、大久保のマークについていた平川が、突き飛ばされてよろけたスペースにボールが落ち、そこを詰められてシュートを打たれている。古い話だが、W杯フランス大会決勝でのジダンの先制ゴールシーンで、ジダンがドゥンガを突き転ばしてヘッドを決めたシーンを思い出してしまった。

同点ゴールは永井の突破から。それまで下がり目でプレーしていた永井だが、その場面では思い切った勝負から縦へ抜け、キーパーとDFの間を通すナイス・センタリング。相手DFのオウンゴールとなったが、実質的には永井のアシストだろう。

後半は力勝負。ロングボールの処理をミスった室井をかわして、大久保が技ありのループシュート。この日の大久保は、スピードも身体のキレも上々で、敵ながらあっぱれという感じだった。

レッズの2点目は長谷部。レッズFWに引っ張られ過ぎたせいか、何故か中央にぽっかりできたスペースを、山田が猛ドリブル。相手DFが山田への対応と、レッズの各FWのケアに動いて出来たスペースに、長谷部が絶妙のタイミングで飛び込んで、ナイスシュート!

そこからは長谷部のオンステージだった。セレッソの運動量が落ちてきたこともあり、プレッシャーの緩い中盤を自由に走り回り、次々にチャンスを演出する。逆転の3点目も、ドリブルで突っ込んでから、エメルソンにどんぴしゃりの横パス。この日のMVPは長谷部だろう。

4点目はほとんどエメルソンの個人技だったが、そのシーンでは相手DFの出足が完全に鈍っていた。そこに至るまで走り続けた、レッズ攻撃陣の頑張りに対するプレゼントみたいな得点だと思いたい。

ギド・レッズは、本人の公約通り、アグレッシブなサッカーを見せてくれた。どうひいき目に見ても、この内容で優勝できるとは思わないが、見ていて面白いことは確かだ。このサッカーがどこまで通用するか。次節のジュビロ戦が、ひとつの試金石となるだろう。

今節の結論:内容はともかく、ギドについていくことに決めた(←安易)

|

« 「ペレアスとメリザンド」 | トップページ | 「川原泉の本棚2」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/340611

この記事へのトラックバック一覧です: vs セレッソ:

« 「ペレアスとメリザンド」 | トップページ | 「川原泉の本棚2」 »