« マレーシア戦雑感 | トップページ | U23ロシア戦雑感 »

U23イラン戦雑感

前日のフル代表(マレーシア戦)より、はるかに面白い試合だった。

テクニックやスピードでは、さすがに見劣りするものの、イランがマジメにガツガツ来てくれたおかげもあって、ゲームとして内容の濃いものになったと思う。マレーシア戦との比較で言えば、ゲームプランが明瞭で、やろうとすることが良く伝わってきた。(こちらも詳細は湯浅健二のレポートを参照)

もっとも、「やろうとしたこと」が実際にできていたかどうかは別問題。田中達也の素晴らしいセンタリング(その前の1対1勝負は見事!)からの平山の得点(うまくフリーなポジションに動いた)だけは、見ていて気持ちのいいシーンだったが・・・

山本監督自身も認めているように、両サイドが攻守両面で物足りない。両サイドの中盤でのプレスが弱いため、簡単に前線にロングボールが放り込まれてしまい、最終ラインがすぐにバタついてしまう。まぁ、問題点が明確になったという意味では、マレーシア戦よりはるかに意味のある試合だったと思う。

平山をFWの中心とするのかどうか、山本監督の手腕が問われるところだが、「長身をターゲットにしたポストプレイ」などというバカげた戦術を取らなかったことは評価したい。(実際はそういうシーンは何度かあったが、少なくともチーム戦術ではないと思っている) 

|

« マレーシア戦雑感 | トップページ | U23ロシア戦雑感 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/183844

この記事へのトラックバック一覧です: U23イラン戦雑感:

« マレーシア戦雑感 | トップページ | U23ロシア戦雑感 »