« 「誰か」 | トップページ | オマーン戦、補足 »

オマーン戦雑感

「こんな試合内容じゃダメダメじゃん」と多くの人が思ったはずだが、予選を突破するためには結果がすべてに優先するわけで、まぁ、ここは素直に喜びたい。

ジーコの欧州組偏重はまったくもって言語道断だが、中田と稲本に関しては、やはりこういう真剣勝負には、どうしても必要な選手のようだ。解せないのは、そこに俊輔を加えることで、中田と俊輔の両方を使うのは、やはり無理があると思う。(その俊輔の足に当たったボールが、久保のゴールを呼び込んだのだから、皮肉と言えば皮肉であるが) 今回の試合では、ここに小笠原まで加えるというあたり、僕の如き凡人の理解を超えた采配である。

今日勝ってしまったことで、一次予選の突破は、かなり確率が高くなったと言えよう。インドとシンガポールとの試合も、内容に乏しいながらも、たぶんちゃんと勝ち点を挙げられるだろうから、ジーコに対する評価も、このまま保留となるのだろう。勇気ある協会幹部か、メディア(評論家を含む)からの、現時点からの健全なジーコ批判に期待したいところだ。

ところで、久保のシュートだが、あのタイミングでボールを受けて、あの位置から左足で逆サイドを狙うとは、ヘンなストライカーである。おまけにあそこだけ妙に落ち着いてたし。個人的には、ああいうヘンテコなタイプは好きなので、今後の試合で大暴れして欲しいぞ。

|

« 「誰か」 | トップページ | オマーン戦、補足 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/210858

この記事へのトラックバック一覧です: オマーン戦雑感:

« 「誰か」 | トップページ | オマーン戦、補足 »