« 「地獄の黙示録・完全版」 | トップページ | オマーン戦雑感 »

「誰か」

宮部みゆき「誰か」を読んだ。

地味な題名、朴訥としたタッチの表紙、そしてもうひとつインパクトに欠ける帯と、宮部みゆきじゃなけりゃ、まず読みたい気持ちにはならない本だった。で、刊行から半年ほどで、ようやく手にとってみたのだが・・・

いや、参りました。さすが宮部みゆきである。帯にある通り、「事件は小さい」が、語り口のうまさでどんどん読み進むうちに、びっくりするような深みを味わうことになる。

この本の書評をあまり見かけた記憶がないのだが、確かにこれは、書評が書きにくい作品だ。下手な紹介をしたら、それだけでこの作品を読む楽しみが半減しかねないのだから。

ストーリーや謎解きではなく、純粋に作者の「語り」を楽しむのが、この本の正しい読み方なんじゃないだろうか。

ところで、タイトルの「誰か」って、結局どういう意味だったんだろう?

|

« 「地獄の黙示録・完全版」 | トップページ | オマーン戦雑感 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/207413

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰か」:

« 「地獄の黙示録・完全版」 | トップページ | オマーン戦雑感 »