« U23ロシア戦雑感 | トップページ | バレンタインの思ひ出 »

イラク戦

試合を見ていないので、スポーツニュースからの印象のみ。

ゴールシーンはきれいだった。特に一点め、一対一の勝負から、サイドを深くえぐってマイナスのセンタリング、そこへFWが飛び込む・・・ってのは、やはり得点率が高い。U23イラン戦の田中達也-平山のゴールもそうだった。

二点めもきれいなワンツーだったが、同じようなポジションに複数の選手がいたのが気になる。必ずしも相手のマークを引き連れて、おとりになっていたわけでもないし、なんとなくしまらないシーンではあった。

坪井のミスはひどかった。人間、誰しも好不調はあるから、ミスそのものを責めることはないが、やはりこういう場合は指揮官が修正すべきだろう。本人へのペナルティの意味も込めて、後半は代えるべきだったと思う。(僕自身はレッズファンだし、坪井という選手は大好きだが、それにしても)

相変わらずマスメディアからは、ジーコ批判の声は聞こえてこない。オマーン戦に引き分けるか負けるかしない限り、誰も何も言わないのだろうか?

(今回も、参考は湯浅健二のレポート

|

« U23ロシア戦雑感 | トップページ | バレンタインの思ひ出 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/195823

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦:

« U23ロシア戦雑感 | トップページ | バレンタインの思ひ出 »