« 「ラスト・オブ・モヒカン」 | トップページ | U23イラン戦雑感 »

マレーシア戦雑感

これから始まるW杯予選に向けて、不安材料だらけの試合だったと思う。

前半は、まぁ、あんなものだろう。引き気味の相手に対して、ミドルシュートで三点。本当なら、ここから戦意喪失した相手に対して、より多彩な攻撃を仕掛けて、大量得点を奪う・・・というシナリオになるべきだろう。そのあたりも含め、最大の問題はこの日のゲームプランなりミッションだったと思う。(これについては、湯浅健二のホームページでのレポートが詳しいので、そちらを参照)

とにかく問題だったのは後半で、選手を入れ替えてからだけで考えると、0-0である。格下チームが引き分け狙いできたときに、まんまとその術中にはまるパターンそのものではないか。

DFとFWを総入れ替えするやり方をとるのであれば、後半最初からDFを入れ替えるべきだったのではないか。真剣勝負の試合で、「DF総入れ替え」なんてできるわけがないのだから、テストならテストらしくやるべきだと思う。こういった、特に選手交代における、ある種の「中途半端さ」が、ジーコの最大の欠点だと思う。

ジーコを見切るなら、今のうちだ。

|

« 「ラスト・オブ・モヒカン」 | トップページ | U23イラン戦雑感 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/180080

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア戦雑感:

« 「ラスト・オブ・モヒカン」 | トップページ | U23イラン戦雑感 »